一人旅Lifehack

「一人旅Lifehack」におこしいただきましてありがとうございます。一人旅・語学・読書・ライフハックネタをメインに、組織に頼らず個人・少人数で生きて行く方法を探っていきます。夢は海外移住とカントリーホッピング的な生き方です。興味のあることをどんどん書いていきます!

与那国島

与那国島行ってきた。【第一弾:アクセスや島内での移動手段に関して】

投稿日:2017年3月14日 更新日:

人間が行けるところで、日本で一番西にある、与那国島に行ってきました。

もろもろいった感想も含めて書いてみようと思います。

与那国島に行ってきました。アクセス方法や、島内の交通手段などを書いてみます。

行き方に関して

与那国島にはフェリー、飛行機でアクセスできますが、今回の旅行は時間が制限されていたこともあり、フェリーは断念。飛行機を利用することにしました。

僕の場合は、peachで石垣島までアクセスをして、そこからJALに乗り換えて与那国島に行きました。

使った飛行機の時間帯も記載しておきます。(2017年3月)

Peachー大阪7時15分発、石垣島10時着

JAL(琉球エアコミューター)ー石垣島12時35分発、与那国13時10分着

の便を利用しました。石垣島から与那国島までは1日3便運航していて、この前の便が10時30分発。石垣島空港はとても小さい空港なので、10時に石垣島につけば、ギリギリ10時30分の飛行機に乗れなくもないかなと思いましたが、Peachが遅れることも考えて、やめた方がいいでしょう。

ちなみに石垣島〜与那国島は往復割引でだいたい片道8000円ぐらいです。

飛行機からの景色

飛行機からはきれいな八重山諸島の風景を見ることができます。

黒島です。ハート型をしているんですね。ちゃんとわかります。

西表島。上からみるとそのジャングル具合がわかります。島のほとんどが密林です。

客層・空港はこんな感じ

僕が乗った飛行機には、僕らのような観光客はあまり乗っていませんでした。だいたいが地元の人か、工事関係者の方々。観光できている人も、どちらかというと、キャピキャピした女子の集団ではなく、日に焼けたダイビング熟練者のような方が大半です。

空港は今まで僕が行った空港の中で一番小さかったです。お土産屋さんが2〜3つ。レンタカー屋さんが1つ。食堂が1つありました。

移動手段

僕はレンタカーを借りました。

離島に行ってレンタサイクルを借りる人もいますし、wikipediaにも

起伏は激しいものの自転車でも3 – 4時間で一周が可能な大きさである。

(wikipedia)

と書いてはいますが、正直結構きついと思います。どうしても島の風をダイレクトに感じたい等々の理由があるのであれば、原付がベターです。

行ってみると結構起伏が激しく、自転車だと相当大変そうな感じでした。

実際に僕が訪れた時も、自転車で回っている人を見たのは1人。それもレース用の本格的な自転車を運転する外国人の方でした。

僕は断然レンタカーをお勧めします。飛行機で来て空港でレンタカーを借りれば、返す時も空港の駐車場に置いておけばいいので、手続き等々も楽です。

宿泊先

僕が宿泊したのは、

民宿てぃだん(太陽) <与那国島>

です。楽天トラベルで予約しましたが、道の前に車も停められるし、小綺麗な宿だったので、特に不満はありません。

宿の下には居酒屋も併設されており、そこで食べたりすることもできます。

ただ、与那国島全般の飲食店に言えると思うのですが、すぐにお店がいっぱいになってしまうので、予約をしておきましょう。僕もこの日は3件ほどお店を回りましたが、なかなか開いているお店がなく、結局車で別の集落まで行き、食事にありつけました。

最後に

Peachで出発すれば、大阪から出発して昼過ぎには与那国島に着くことができます。いい時代になったなあと思います。

次は第二弾に続きます!

-与那国島

執筆者:

関連記事

与那国島行ってきた。【第二弾:島を車でぐるっとまわってきました】

与那国島にいってきました。日本の西の端でとりあえず車を借りて、島をぐるぐるまわりました。 行ったところに関して紹介します。 与那国島行ってきた。【第二弾:島を車でぐるっとまわってきました】 日本最西端 …

follow us in feedly

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。