• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

山寺行ってきました。水墨画のような美しい風景に感動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

前から行ってみたかった、

立石寺(通称山寺)

に行ってみました。

ここは有名な俳人松尾芭蕉が

閑さや 巖にしみ入る 蝉の声

という句を読んだ場所としても知られています。

行こう行こうと思っていましたが、今までなかなか実行に移せませんでしたが、今回関西に転勤になることで、ついに踏ん切りがついて、行ってみることにしました。

山寺行ってきました。水墨画のような美しい風景に感動!

まずは仙台駅へ

今回は仙台駅を拠点にしました。

立石寺は山形県にあるのですが、仙台空港からのアクセスがよく、東北の観光を兼ねるのであれば、仙台駅に宿を取るのがオススメです。

仙台駅からも1時間ぐらいで最寄り駅までアクセスできます。

 

fireshot-capture-10-%e3%81%88%e3%81%8d%e3%81%8b%e3%82%89%e6%99%82%e5%88%bb%e8%a1%a8-%e4%b9%97%e3%82%8a%e6%8f%9b%e3%81%88%e6%a1%88%e5%86%85%e6%a4%9c%e7%b4%a2%e7%b5%90%e6%9e%9c_-http___www-ekikara-j

快速に乗っても鈍行にのってもそんなに時間は変わりません。

1時間前後でしょうか。車窓からの風景もとてもきれいです。

最寄り駅からの風景

最寄り駅につきました。

p_20160717_135828

p_20160717_135833

p_20160717_135846

最寄り駅からの風景です。

p_20160717_135823

 

p_20160717_140125

最寄り駅からの風景だけで、その寺がすごく厳しい修行の場所だとわかります。

山寺駅から登山口?までは10分ほど歩きます。一度登り始めると自動販売機などは当然ないので、この辺りでしっかりペットボトルなどを買っておきましょう。

p_20160717_140137

p_20160717_140354

p_20160717_140357

p_20160717_140359

p_20160717_140403

いよいよ階段を登ってきます。

立石寺の看板が見えたら、いよいよ登っていきます。

p_20160717_140817

p_20160717_140826

まず見えてくる階段を登りきると、立石寺の本堂が見えてきます。本堂もかなりの古さです。

 

p_20160717_140903 p_20160717_140954

p_20160717_141000

p_20160717_141219

p_20160717_141531

 

ここで一通りお参りをすると、本格的に山の奥に入っていきます。

入る時に入山料?を支払う必要がありますので、お金を準備しておきましょう。

p_20160717_141925

神聖な山の中を進みます。

僕が立石寺を訪れたのは7月だったので、かなりの暑さでしたが、山の中に入っていくと空気が変わります。

p_20160717_142025

p_20160717_142038

p_20160717_142425

体のまわりを包み込むようなうっすらとした冷気を感じました。

何か神聖なものの存在を感じさせる雰囲気がここにはあります。

さらに山頂に行くまでにはこんな標識も。。この山が厳しい修行の地ということがよくわかります。

p_20160717_144018_hdr

ついに山頂。

40分ほど山道をすすんでいくと、徐々に道が開けてきます。

p_20160717_142651

p_20160717_142825

p_20160717_142830

 

すると大きな岩肌が!岩肌が奇妙な感じになっています。そして、しばらく進んでいくと、有名なあの景色が!

 

p_20160717_143636

p_20160717_143650_hdr

神社の中はこんな感じです。

 

p_20160717_143859_hdr

これがベストショットでした。

p_20160717_144201_hdr

僕が訪れた時は、ちょうど前日の天気がわるく、山に雲がかかっていましたが、それがなんともいえないバランスで山々に配置されていて、まさに水墨画の風景を見ている感じでした。

最後に

松尾芭蕉がこの寺を訪れた際に、

閑さや 巖にしみ入る 蝉の声

という俳句を詠んだのは有名な話ですが、実際に訪れてみると、本当にこの句の良さがわかります。

静かでひんやりとした山の中に響き渡る静かな蝉の声。苔むした大きな岩。

この場所にくると、芭蕉の歌がより一層深く感じられることになるでしょう。

東北の一生の思い出になりました。次は冬に訪れてみようと思います。

 

終わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存