まだ眠らなくてできる仕事をしているの?寝られない職場ならさっさと転職しろ!

この記事を読んで、やっぱり睡眠って大事なんだな!と共感しました。

ホリエモンは毎日6時間眠るために何を削ったのか?

いやーやっぱりみんな薄々気づいてきてますよね。睡眠の大切さ。

さらにTwitterを作ったジャックドーシーなんかも

Square創業者 ジャック・ドーシーが語った、仕事上で意識している4つの「Do」と4つの「Don’t」

の記事の中で7時間は眠るということを書いています。

寝ずに仕事をする!なんて、全近代的なやつが大成する時代なんて終わりましたし、そういうやつが偉いと思っている企業文化が出来ている時点で、もうダメなんですよね。仕事として。

あのホリエモンですら、記事の中で

睡眠時間を削って仕事をしようと思ったことはないです。

って言ってます。

まだ眠らなくてできる仕事をしているの?寝られない職場ならさっさと転職しろ!

眠らなくても出来る仕事は価値が低い

というより、眠らなくてもできてしまう仕事って価値が低いんですよね。仕事としての。

だって、寝てない次の日って使い物にならないじゃないですか。そんなコンディションで出来てしまう仕事なんて仕事の難易度なんて知れています。

僕も前職はかなり寝られない職場で働いていましたが、ぶっちゃけやっていることなんて、ロボットでも代用できるような事ばかりでした。

YUKI_syukudaizzz15150842-thumb-815xauto-18878 (1)

そうですよね。徹夜して眠らないなかでも出来てしまう仕事なんて、仕事としてのレベルは低いんですよね。

ホワイトカラーとは名ばかりの「パソコンを打つ手を動かす単純作業系」の仕事にこういうのは多いと思います。

Green2_nebukuro20141123141817500-thumb-1200x800-5741

早く転職して本当に良かったと思います。劣悪な職場環境で働いている皆さんは本当に早く職場をチェンジして

「しっかり睡眠をとらなければやっていけない仕事」

をする事をオススメします。その方が幸せになれますし、給料もあがるでしょう。

ここ最近はしっかり6時間寝られる職場に転職をすることができたので、生活全体の満足度が非常に高いですし、年収も上がりました。

ベンチャー界隈の仮眠ブームもどうなの?

あと、最近SNSなんかで、

「うちの会社は昼でも仮眠OKです」

とか

「社内に仮眠スペースがあります」

「仮眠用ベッドがあります」

とかいう会社を見かけますが、あれだって、夜中にしっかりと正しい睡眠ができていれば本来は必要ありません。

6時間ぐらい寝られていれば本来仮眠なんて必要ないんですよ。

MAX85_gominonakasagyou20141123131607-thumb-815xauto-17943

こういうのがある時点で、察してください。

「あ、夜は寝られないんだ」と。

最後に

てな感じで社内が

「3時間寝れば大丈夫じゃん」

「今日も徹夜かよー」

「寝てない俺かっこいい」

「ビジネスマンは5時間寝られれば幸せ」

みたいな人に溢れていたり、実際にそういう人がたくさんいるのであれば、速攻で転職をオススメします。

OOK3S0420140125180412500-thumb-1500x1000-12205

寝ずにできる仕事なんて、たいした価値を生みませんし、健康を壊すリスク考えてもやる意味はあんまりないです。

え?そんな事言われても。。。とためらったら下の文句を思い出してください。

睡眠時間を削って仕事をしようと思ったことはないです。

堀江貴文

終わり