ひと味違った東京を楽しみたいなら「水上バス」はどうでしょうか?

4月5日の一日一新です。

新しい事を1日1つしていくというものですが、更新が全く追いついていないので、もう日記でも何でも有りませんね笑

まあ、ログだけは残しているので忘れはしないですが、そのときの感情は、書く時間が遅くなってしまうと薄くなってしまうので、頑張って更新を追いつかすようにします。

この日は大学の友達が上京したということで、東京の観光をしました。

東京に住んでいると東京の観光なんてしないんですよね。そんな感じで今回ははじめて「水上バス」に乗ってみました。

ひと味違った東京を楽しみたいなら「水上バス」はどうでしょうか?

船のバリエーションは豊富

恐らく東京に住んでいる人でも水上バスに乗った事のある機会は少ないのではないでしょうか。

僕も3年間程東京に住んでいますが、全く乗った事がありませんでした。

水上バスという感じから普通の船か、屋形船かなあと思っていたのですが、ホームページを見てみると非常に多くの種類があるようです。

ホームページ先で確認してみると分かるのですが、名前がとてもユニークです。

  • ひみこ
  • いりす
  • 竜馬
  • 海舟
  • ほたるな

などなど、乗る船によって見える風景もだいぶ違うのではないでしょうか。

ちなみに今回僕が乗ったのは、ほたるなです。

ルートについては、6本ぐらいあるようですが、どのルートも一番上流の乗り場は浅草です。ですので浅草から乗船をすればどのルートも楽しむ事ができます。

ちなみに今回僕が乗ったのは、浅草から浜離宮までですが、30分ぐらいでしたので、大体どのルートも長くて1時間ないぐらいでしょう。

じっくり楽しむ場合は、途中から乗るのではなく浅草から乗る事をオススメします。

ほたるなの船内

ほたるなの船内は非常に広々としています。

IMG_3644

ちょっと写真を取り損ねたのですが、座席が3列ある感じです。

IMG_3646

このシーズンは船からサクラが見えます。

船内では売店もあり、ビールを飲む事も可能です。

視点を帰ると、また違った東京が見える。

僕も前は川沿いをランニングしていましたが、いつも陸から川を見るばかりで、川からの東京を見た事がありませんでした。

まあ、どんな風景をみて、どんな事をかんがえるかどうかは人それぞれですが、普段はみることのない東京の別の一面を見せてくれます。

某ブロガーは高知に移住してしまいましたが、東京もまだまだ捨てたもんじゃないかなと思います。

皆さんもぜひ、普段はみれない別の東京を水上バスから見てみてください!