• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ベトナム・ハノイを写真10枚で振り返ります!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

2017年の秋にハノイに行ってきました。

ハノイでははじめて一眼レフを持っていって、写真を2000枚ぐらい撮ったので、その中から10枚だけピックアップしてサクッとハノイ旅行記にしてみました。

ちなみに僕が行ったときはハノイまで片道6000円ぐらい。ジェットスターさんに感謝です!

ベトナム・ハノイを写真10枚で振り返ります!

ハノイの旧市街にある、ホアンキエム湖です。ハノイのシンボル的な湖で、この湖の周りではベトナムの人がゆったりと過ごしています。

そんなベトナムの旧市街にもちょっとずつ高いビルが立ちだしました。

休日になるとこんな感じで歩行者天国となって、非常に多くの人たちが集まります。

夜になっても基本はめちゃくちゃ人がいます。深夜までバイクのクラクションも鳴り止みません。

昼間はこんな感じ。明らかにバンコクやクアラルンプール、ジャカルタや台湾よりも発展の度合いでいくと一段階下で、バイクが普及しはじめたフェーズです。

 

まだまだこんな感じでベトナムらしい風景にも出会うことができます。こんな感じで果物や野菜を売りに来る人たちや、道にテーブルと椅子をだして、屋台で食べている風景に旧市街では出会うことができます。

 

タイでは卜ゥク卜ゥクでしたが、ハノイではこんな感じの自転車が観光用に走っています。ゆっくり走ってくれるのですが、その横を猛スピードでバイクがガンガン抜いていくので、結構怖いです。

 

旧市街から離れると、周りは一転して開発ムード一色になります。

こんなふうに建築中の建物がそこら中にあります。これは高速道路の柱の部分ですね。こういう大きめの建造物の建設中の様子を見ることができるのが東南アジアにいく大きな楽しみでもあります。

日本だともうこの規模の道路が東京や大阪にできることって多分ないと思うので。

新市街でも基本はバイクです。大きな道路いっぱいにバイクの群れが走っていく様は圧巻ですよ。

そんなバイクの喧騒の中でも、ここは静か。建国の英雄ホーチミンを祀っているホーチミン廟です。

ここにはホーチミンの遺体が安置されており、実際に見ることができるそうです。僕が行ったときは休館でした。

この周辺は本当にきれいにつくっており、ベトナムにとってホーチミンという人の存在の大きさがすごくわかります。

以上10枚の写真でベトナムの旅行記をさくっと書いてみました。

ベトナムは喧騒と発展の入り口の東南アジアを味わえる国だと思います。

ハノイにしか行ったことありませんが、次はホーチミンにも行ってみようと思います!

みなさんも関空からなら1万円を切ることもあるので、是非行ってみてください!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存