• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

30分の郊外移動で、台湾は見たことない風景になる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

7回目の台湾に行ってきました。

初めて台湾に行ったのが3年ほど前ですので、特に仕事でもないのであれば、結構なペースで台湾に行っていることになります。ある程度メジャーな旅行先にも行ったと思います。

今回の台湾訪問でまた一つ台湾の魅力に気づくことができたので、書いてみようと思います。

台湾の魅力は田舎にあり!バスに乗って30分のるだけでまだまだ謎な場所に行けます!

台湾の人気スポットの混雑具合はやばい

台湾は最近日本各地からLCCが就航し、観光客で賑わっています。食事も美味しく日本人の口にも合いますし、更に治安もいいので、旅行の行き先ランキングでも大体上位にいるのはみなさんもご存じだと思います。

そんなこんなで現在台湾には大量の日本人がやってきています。九份などの人気のスポットにいくとよくわかりますが、もう完全に渋谷のスクランブル交差点状態で、一時期の明洞を彷彿とさせるぐらいの人のごった返し状態です。

九份なんて、人を連れて行く関係で4回ほど訪れていますが、連れて行ったすべての人の感想が

  • 人が多い
  • 日本人多い

ていう感じですからね。何回も行く場所ではありません。帰りのバス待ちやタクシー待ちは地獄です。

バスでローカルな場所に行けば、まだまだ見た事のない台湾があります。

てな感じで台湾にはスポットにたくさんの日本人が集まっていますが、ローカルな場所にはまだまだ人が集まっていない印象があります。

例えば今回僕は台湾の烏来という場所に行きましたが、日本人旅行者はほとんどいませんでした。

それでもアクセスに関しては、バスでわずか30分程度。ちょっとバスで走るだけで、非常にローカル感あふれる場所に連れて行ってくれます。

この場所はいわゆる先住民の方が多く住んでいる場所。街のいろいろな場所に不思議な模様があしらわれています。

 

 

 

 

 

 

また、台湾に住んでいた時には、永安市場という市内から30分ぐらいの駅の近くに住んでいましたが、この駅の周辺でも日本人を見かける事はほとんどありませんでした。この駅も本当にローカル感の溢れる場所でした。

本当にローカル感溢れる台湾を体験したければ、ちょっと30分ほど足を伸ばしてみるのが、正解ではないでしょうか。本当のローカルに出会えると思います。

最後に

LCCが就航して、気軽にいろいろな場所にいけるようになった一方で、昔の風景は確実に失われつつあります。

世界のいい場所は次第に人に埋め尽くされて、そのうちに入場制限なんかも設けられるようになるでしょう。

イタリア観光地が悲鳴、客殺到に「もう十分」

そうなる前に、いい場所にはどんどん行っておきたいですね!台湾も知られてないけどいい場所がまだまだあるはずです!僕はこれからもさがします!

終わり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存