• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【体験談】人生の早い段階で身に付けておいたほうがいいスキルをまとめてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 68

最近の20代って大変ですよね!

いい会社に入ってもその会社が一生面倒を見てくれるわけでもない。さらには年金的なものも将来はどうなるかわかりません。

さらにはAIによって自分の仕事が奪われたりするなんてSF的な展開も待っていたりする。。。

右肩上がりの時代にもそれなりに大変なことは多かったと思いますが、「先が見えない」「何をやっていいかがわからない」という方が、結構悩みとしてはきついと思います。

僕は現在海外で働いていますが、僕の会社にも学生で「インターンさせてください!」という人がたくさんやってきます。

話を聞いてみると、「就活時にできるだけ箔をつけたい。そのためには国内のインターンでは不十分」なんだそうです。そして学生に質問される内容も「20代のうちに何をやっておいたらいいですか?」というものが多いです。

【体験談】人生の早い段階で身に付けておいたほうがいいスキルをまとめてみた

役立つスキルは確実に存在する

「資格」や「経験」などを積もうとする学生が多いですが、僕は真っ先に「スキルを意識して身に付けた方がいい」とお話をしています。

正直スキルさえあれば、それを仕事に変えることも可能ですし、それをお金に変えることも可能だからです。おそらく20代でぼんやり抱えている悩みもスキルさえあればほとんどが解決するのではないでしょうか。

逆にスキルがなければ、転職もうまくいかないでしょうし、給料も上がりません。経験を積んだとしても「スキルも身につける」という意識がなければ、毎回違う経験をすることになり、毎回うまくいかないということも起こります。

僕も20代はベンチャー→人材大手→人材大手海外法人と転職を繰り返してきましたが、給料もそれなりに右肩上がりで上がっていき、いろいろな経験も積むことができました。

その中で確実に身に付けておいてよかったスキルと、もし20代やり直せるとしたら身に付けたいスキルというのがあるので、ここで紹介します。

20代で身に付けておいてよかったスキル

仕事のスピードをあげるスキル

比較的社内の方にも社外の方にも仕事が早いと言われる方ですが、仕事のスピードを早くするスキルは存在します。

「分解」「優先順位」がポイントになりますが、このスキルを早い段階で身に付けておけば、どこに転職をしたとしても生きていくことができます。

変化の激しい時代において、スピードはクオリティです。

わかりやすく伝えるスキル

いろいろな立場の人と仕事をすると、人にわかりやすく伝えるということが非常に重要になってきます。話がわかりやすい人の周りにはいい仕事が集まってきて、さらに仕事のスピードも上がっていくので、どんどん評価も上がっていきます。

複雑なことを相手にわかりやすく伝えるというのは、非常にパワーのいる作業ですが、立派なスキルです。

まだまだ僕も修行中です!

数値化のスキル・数字で考えるスキル

外国人と働くようになって、より一層感じるようになりましたが、仕事をしていると人によっていろいろな認識を持っていることがわかります。

例えばAさんが考える「たくさん訪問しました」とBさんが考える「たくさん訪問しました」では「たくさん」に関する認識が違うことがあり、この認識を合わせるために必要になってくるのが数値化です。

数値化すれば共通認識のもとで動くことができるようになるので、改善することも可能になってきます。逆にいうと数値化できていなければうまくいっていない原因を特定することもできず、うまくいったとしてもなぜうまくいったかを特定することができません。

数値化・数字で考えるスキルは意外とやっていない人が多いので、これができるようになれば他の人より一歩抜きんでることができます。

英語

一応TOEICは890点あるのですが、英語は身に付けておいてよかったスキルの一つです。

今の時代英語があれば自分の持っているスキルを横展開することができます。僕も現在は海外に住んでいますが、英語ができていなければこの選択は取らなかったと思います。

英語ができるだけで自分の持っている選択肢が何倍にも広がるので、今英語ができない人は速攻でできるようになることをおすすめします。

コツとしてはまたどこかで書こうと思いますが、集中してがっつり勉強すれば1年ぐらいでできるようになると思うので、またどこかで書いてみようと思います。

20代で身に付けておけばよかったスキル

自分と向き合うスキル

20代の時の僕は、かなりいろいろなことに手を出していました。

語学に関しても英語だけに飽き足らず10ヶ国語ぐらい勉強しましたし、ブログをやったり海外旅行に30カ国ぐらいいったり、いろいろな本を読みあさったりと、それなりにいろいろなことに手を出したと思います。

人とは違う経験はそれなりに積んできましたが、スキルがついたかと言われれば否。

正直いろいろな部分が中途半端になってしまい、結果的に自己嫌悪に陥っていました。

原因は「自分と向き合うスキル」が足りなかったからにほかありません。自分と向き合って自分が本当に求めているものに集中できていればもっと遠くまで行けていたような気がします。

自分と向き合うスキルはまたどこかで紹介をしようと思います。

1つのことに集中するスキル

前述したこととかぶりますが、たくさんのことを並行して進めた結果、中途半端なスキルがたくさん自分の中に残りました。学生時代は時間があるのでそれでもなんとかなりましたが、社会人になるとそもそも時間がなくなるので、勉強するスキルは一つに絞った方が絶対にいいです。

一つに絞ることによってある程度のレベルまで早くたどり着けるようになります。それから他のスキル習得に向かっても全く遅くはありません。

マルチタスクは結果として全体の生産性を下げます。

まだ20代の方は焦らず、一つ一つのことに集中して確実にスキルを身に付けていくことをおすすめします。

プログラミングスキル

20代でプログラミングを身に付けておかなかったことを今でも多少後悔しています。(またどこかで集中して勉強しようと思います)

「プログラミングなんて自分には関係ない!」と思っている方も多いと思いますが、プログラミングは決してエンジニアだけのものではありません。例えば営業マンが営業先リストを作成するという作業一つとったとしてもプログラミングができれば30時間かかっていたことが1分でできたりします。

  • データ収集
  • データ集計
  • 操作の自動化

など、日常でめんどくさいと思っている作業がプログラミングを学習することによって一瞬で終わらせることができます。生産性爆上がり!

また、プログラミングを勉強する際に身につけることができる思考法は、仕事を早く終わらせるのに欠かせないスキルです。これもどこかで勉強しながら、その結果をブログに書いてみようと思います。

最後に

スキルがあれば、悩みが少なくなります。人生の早い段階で何かスキルをつけて人生を有効に使っていきましょう!

ここで書いたスキルに関してはまたどこかで深堀をしてみようと思います!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存