• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

新卒海外ってどうなの?人材業界で働く僕が現実的に書いてみた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

新卒で海外に出て行く人がいます。

僕も就活時は新卒海外かっこいいな!と思いつつ、結局日本で働くことになりました。

現在社会人8年目ぐらいで海外に出てきました。現在は人材業界で6年ほど働いています。

最近新卒で海外に出て行く方も増えてきましたが、僕が考えるところを書いてみようと思います。

新卒海外ってどうなの?人材業界で働く僕が現実的に書いてみた

インドは新卒海外が結構います。なぜならインドは新卒の学生でもビザの取得が簡単だからです。

僕も仕事柄、新卒でインドに来ようとする「海外が好きな人」「インドが好きな人」によく出会うのですが、一律には「新卒海外」という選択肢はおすすめできないと思っています。

理由を書いてみます。

新卒海外を一律にオススメできない理由

スキルアップの機会が限られている

新卒のうちはまだまだ自分の能力・自分が何に向いているかなどがわからないものです。日本の会社に普通に新卒で入社をすると、そのあたりを会社が面倒を見てくれます。

いろいろな業務をジョブローテーションで体験でき、自分の特性をゆっくり探ることができる経験は海外の企業ではなかなか得ることができません。

僕も日本にいたときはいろいろな業務をさせてもらいましたが、経験する前は「自分には向いていない」と思っていたことが、いざ経験をしてみると以外と楽しかったということはよくあります。

また、上司や先輩から仕事のやり方などを教えてもらい、その中で自分のやり方をどんどん身につけていき社会人として成長してきました。

しかし新卒で海外に就職をすると、上記のような機会に恵まれない場合が多いです。

実際に海外に支店を出している企業は、担当者がいろいろな業務を兼務している場合が多く、教育まで見切れない場合がほとんどです。社会人としての基礎力がつくタイミングで、肝心の基礎を身につけられないというのは結構痛いです。

さらに日本企業ではなく、海外(現地)の企業に就職をした場合、さらに機会が限られます。

インドでは特にそうですが、現地の企業はトレーニングなどをあまりしない企業が多く、「ほったらかし」にされる場合が多いです。

ある程度社会人経験のある人であれば、自分で判断して業務をこなすといったことも可能ですが、社会人経験のない新卒であれば、「自分の能力が上がっているかどうかよくわからない」といった自体にもなりがちです。

現地企業で1年働いたけど、身についたものは

・現地の食事でもお腹を壊さないサバイバル能力

だけだった!などはよくある話です。

新卒で海外の企業に就職というと聞こえはいいですが、実力が伴っていない場合が多々あります。

短期的には海外で暮らせるようになりますが、長期的にみると自分の稼げる能力を減らしてしまいお給料が減ってしまう、上がっていかないということにもなりかねません。そうなると海外の生活も楽しめなくなるので、短期的に考えず長期的に考えてみてはいかがでしょうか。

その上で、それでも来たい!という人に関しては次の条件を満たしているのであればいいかなと思います。

こんな感じの人は海外就職しても大丈夫かもよ!

自分で勝手にスキルアップができる

自分で勝手にスキルアップできたりする人であれば、大丈夫かもしれません。

例えば会社に研修制度がなかったとしても、自分でお金を出して必要なスキルを習得する等々の動きが自然に取れる方は大丈夫かもと思います。

会社が何かをやってくれなかったとしても、「全て自己責任」と割り切り、どんどん自分で能力を身につけ会社に利益貢献をしていけば、おのずとスキルアップの機会はやってきますし、そうなれば転職をする場合でも高い評価を受けることができるでしょう。

自分から積極的に仕組み・ビジネス等々を作ろうとする

さらに仕組みがなければ、自分でどんどんつくったり、評価制度がなければどんどん自分で作っていける人も大丈夫かなと思っています。

基本的に海外の支店は、相当大手・進出してからの期間が長い企業を除き、どこもベンチャー的な雰囲気があり、規模も小さいです。

そんな中で「あんな仕組みもない?」「ととのっていない!」などグチだけこぼす人は確実にメンタルをやられます。

「自分が会社を大きくしていく!」「自分が会社を整える!」ぐらいの気概がないと、新卒の方なら短期で離職するでしょう。

海外にいることを利用して会社以外のキャリアも積極的に作っていける

さらに海外にいることを利用して、会社以外のキャリアを積極的に作っていける人も海外就職が向いていると思います。

例えば、インドに新卒で就職した坂谷さんとかまさにそうでこんぐらい発信力あればどこでもやっていけるかと。

坂谷真海|サカミ

まだまだ新卒で海外に出るのは貴重な経験です。その経験をしっかりとマネタイズすれば、結構いい感じになると思うんですよね。

そのぐらい企業家精神溢れていればやっていけるかなと思います。

最後に

新卒海外就職はこれから増えていくと思います。

しかし、安易に出て行くことはせっかく使える「新卒カード」を無駄にしてしまうことになります。

新卒カードをうまくつかってスキルのつく企業に勤めてからでも遅くはありません。

焦らずに海外にでてきましょう!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存