• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

自分はプッシュ営業向きかプル営業向きかをちゃんと見極めよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 67

入社をするときに「営業をやりたいです!」といって入社をしてくる人は結構いると思います。

ただ、営業にも色々種類があるので、その辺りをよく考えておいた方がいいと思います。

営業には大きく分けて、「プッシュ型の営業」か「プル型の営業」に分かれます。

images (5)

 

営業職もこれを意識していないと「こんな事やりたくないのに……」という事態に陥ってしまいます。

詳しく説明していきましょう。

 

1、プッシュ型の営業

よく家に「不動産買いませんか?」とか「株買いませんか?」というような具合で、訪問してきたり、電話がかかってきたりする事があると思います。

簡単に言うとアレが「プッシュ型の営業」です。会社にいるとよく飛び込みでセールスマンがやってきたりもします。

つまり、こちらが望んでいる望んでいないに関わらず営業をかけていき、その中から少ない確立で受注をするというようなモデルになります。

この方法は非常に好き嫌いが分かれると思います。嫌われる事を前提にしているので、大体は嫌われてしまいます。ですのでメンタルが強くないとすぐに退職することになります。

ダウンロード (14)

 

ただ、プッシュ型の営業なので、こちらでお客様を選ぶ事が可能です。前職の先輩などは、自分でお金持ちのお客様ばかりに営業をかけていたので、かなり可愛がってもらっていい思いをたくさんしたそうです。

 

2、プル型営業

「チラシをみて来ました!」「ホームページをみて電話してみました!」みたいなお客様に対して、営業をかけていく手法です。

 

 

 

images (6)

 

ニーズが健在化しているので、プッシュ型の営業に比べて精神衛生的には楽かもしれません。

ただ、お客様をこちらから選べないので、嫌なお客様にあたる事もしばしばです。

 

まとめ

世の中の営業は100%この2つに区分されます。

イメージではありますが、

肉食系:プッシュ型

草食系:プル型

といったイメージでしょうか。

どちらがいいというわけではありませんが、一目みて明らかにこいつプッシュ型の営業には向いてないなという人もいるので、自分はどちらの特性があるのかをよく見極めて、職種を選ぶようにした方がいいのではないでしょうか。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存