• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ジャカルタに行きました。タクシーに乗って市内に移動

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

ジャカルタに行ってきました。

4日ほどの休みを利用して訪問してきたのですが、かなりおもしろい旅行でしたので、ブログにまとめてみます。

まずは空港から市内への移動について書きます。

ジャカルタに行きました。タクシーに乗って市内に移動

スカルノハッタ空港はジャカルタ市内の西側に位置しています。

fireshot-capture-16-%e3%82%b9%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%8e%e3%83%8f%e3%83%83%e3%82%bf%e5%9b%bd%e9%9a%9b%e7%a9%ba%e6%b8%af-cgk-google-%e3%83%9e%e3%83%83%e3%83%95%e3%82%9a_-https___www-google-co-j

 

移動をするにはいろいろ手段があるのですが、正直タクシーが一番使い勝手がよく、
値段も正直日本とは比べものにならないくらい安いのでタクシーに乗っていきましょう。
※初乗りは50円ぐらいと良心的です。ケチらずいきましょう。
※両替した時に高額紙幣がなければ、コンビニとかで適当にものを買って少額の紙幣を手に入れておきましょう。
日本のタクシー運転手と違って、お釣りをちゃんと用意している運転手はマレです。

ネットで調べるとタクシーにもいろいろ種類があるようですが、
ジャカルタ市内でもよく走っている「ブルーバードタクシー」にしとくのが鉄板だと思います。

 

タクシー乗り場を歩いていると、いろいろなタクシー乗り場がありますが、
まずはブルーバードタクシー乗り場を探しましょう。

写真のような感じで、ちゃんと記載をされているので
比較的すぐにわかると思います。

こんな感じで、車体が青くて一発でわかります。
列に並びながら、タクシーを待ちます。

p_20160922_124241

p_20160922_125531

ちなみに行きも帰りもタクシーの列を確認したのですが、
正直あまり需要(客の数)に対して空港にやってくるブルーバードタクシーの
数が足りてないようで、20分ほどは高温多湿状態の外で
待つことになります。くれぐれも水分補給だけはできるようにしましょう。

乗り込んだら行き先を告げればあとは連れて行ってくれます。
タクシーの運転手さんは片言の英語なら話せる人が多かったイメージです。
※少なくとも日本のタクシーの運転手さんよりは話せると思います。

車窓からの風景写真を載せておきます。

p_20160922_130317

p_20160922_133123

p_20160922_131810

p_20160922_133226

p_20160922_133323

p_20160922_140212
ジャカルタは交通渋滞がひどく、空港から市内まではものすごい混んでいると3時間ほどかかることも
しばしばです。

今回僕が乗った時も1時間半ほどはかかりました。
こちらに住んでいる僕の先輩に話を聞きましたが、曜日によって混む日、混まない日はあるものの、
どのくらい渋滞してどのくらい時間がかかるかは読むことができないので、
できるだけ余裕を持ったプランニングをしておいたほうがいいとのこと。

タクシーで走っているとわかるのが、ジャカルタの発展状態。

まさに雨後のたけのこといった感じで、街のいたるところで高層ビルが建築をされています。

インドネシアの渋滞

渋滞にハマるとなかなか抜け出せません。
街はインドよりもきれいなのですが、まだまだ公共交通機関インフラが整っていないので、とにかく車が多く、
いたるところで渋滞が発生します。

運転手にも、machaという渋滞という単語を習いました笑

テロがあったスターバックスです。運転手さんに聞いたら、

p_20160922_140248

「まじでクレイジーな少数の奴らがいるんだよ、でも今は大丈夫」

といっていました。

このままタクシーでジャカルタの観光名所「モナス」に行ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存