一人旅Lifehack

「一人旅Lifehack」におこしいただきましてありがとうございます。一人旅・語学・読書・ライフハックネタをメインに、組織に頼らず個人・少人数で生きて行く方法を探っていきます。夢は海外移住とカントリーホッピング的な生き方です。興味のあることをどんどん書いていきます!

ライフスタイル 仕事

プロフェッショナルの最大の仕事は、「決めてあげること」だとおもう。

投稿日:

プロの仕事って、

決めてあげること

なんではないかと思う今日この頃です

ちょっときっかけがあったので色々書いてみようと思います。

なぜ客に聞く??

最近スーツを買ったのですが、その時に、

裾は何センチにされますでしょうか??

って店員さんに聞かれたんですね。

ただ、こっちはスーツの素人だし、正直裾のダブルの幅なんて気にしたことないから、正直何センチかなんて、全くわからないわけですよ。

結局、

「お兄さんと一緒の幅で大丈夫です!」

って答えちゃったんですね。

え、知らねーし。

まあ、結局別にスーツに対してはなんの不満もなかったですが、その時に思ったのが、

「プロだったら、その人にあったものを提案してくれ!」

ってことなんですよ。

正直こちらは素人なんで、どんなもんが適切かなんて、わからないですよね。

その時にちゃんとその人にあった提案をしてくれる人、その人の代わりに決断をしてくれる人こそプロフェッショナルだと思うんです。

最近多いですよね。

選択肢だけ提示しておいて、その後の選択は客に求めるタイプの人。

確かにそうすることによって、責任は負いません。客が選んだんだから、その商品に関していくら気に入らないことがあったとしても客のせいです。

僕もたまに社会人1年生の提案とかについていったりするんですが、やはり自信がないのか、お客さんに欲しいものを聞いちゃうんですよね。

ただ、そうなるとその人が介在する価値は少なくなります。だって、ロボットでもできちゃうから。

そういう御用聞きの営業は今度どんどんロボットに切り替わっていくことでしょう。

ペッパーくんの方が在庫の位置とか詳しく把握していると思いますし。

プロの仕事とは決めてあげることだと思う。

てなかんじで、その人より詳しい専門知識を持っているのであれば、ちゃんとその人にマッチしたものを決めてあげる人こそ、プロフェッショナルではないでしょうか。

地団駄を踏んで、どうしていいかわからないお客さんのために、ちゃんと親身になってお客さんのためになる提案をしてあげる。

そして、決めきれないでいるお客さんの背中を押してあげる

それこそが介在することの価値だと最近思いました。

最後に

以外と決められない人は多いです。

人の代わりにどんどん決めてあげてあげられる人は、どんどん価値も出てくると思います!

決めていきましょう!

終わり

-ライフスタイル, 仕事
-

執筆者:

関連記事

新卒でベンチャーに入ったらリミットは2年半

ベンチャー企業に入社する学生さんもどんどん増えていると思います。   ただ、新卒で入社をして、ベンチャー企業で活躍出来る人は一握り。かなり優秀な人材に限られます。 結果が出ない場合はベンチャ …

【今がチャンス】伊豆大島の観光コストパフォーマンスが高い!!

最近はLCCも普及してきたので、沖縄や石垣島、宮古島、奄美大島まで本当に安く行けるようになってきた。 ただ、東京都民は同じ東京都の中にいい島がある事を忘れたら駄目なんじゃないでしょうか! その場所は「 …

言語を学べば、世界をいろんなフィルタで見る事ができる

WIREDの記事がとても面白かったので、シェアします。 使う言語が「世界の見え方」を決めている:研究結果 http://wired.jp/2015/05/18/language-changes-you …

【学生時代の僕に送りたい】ベンチャー企業で新規事業したかったらこういう会社がいいんじゃない?

僕が学生の時は、 「ベンチャー企業で新規事業に携わりたい」 と思ってましたし、そのように話す人が周りにも多かったです。     自分で事業を立ち上げて、社会にインパクトを与えられた …

「何をしていいか分からない」なら要注意。

会社員として働いていると、他人から仕事を依頼される事が多いですよね。 特に小さいベンチャー企業なんかは、どうしてもタスクも多くなりがちで、 「こういう事を空いた時間でやってみたい!」 と思って入社をし …

follow us in feedly

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。