八丈富士はまるでナウシカの世界です!神秘の世界がそこには広がってます!【八丈富士登山】

八丈島にゴールデンウィークにいってきました。

八丈島には2つ山があり、今回の八丈島訪問では、西山、通称八丈富士という山に登ってきました。

下の地図だとちょうど先ほど紹介したふれあい牧場の北側にあるのが、八丈富士です。

八丈富士はまるでナウシカの世界です!神秘の世界がそこには広がってます!【八丈富士登山】

FireShot Capture 5 - 八丈富士牧野・ふれあい牧場 - Google マップ_ - https___www.google.co.jp_maps_place

この八丈富士ですが、実際に登ってみると、風の谷のナウシカの樹海のような風景が広がっています。

では、どんどん行ってみましょう!

山頂まではこんな感じ

山頂付近までは下記の写真のような道が続いています。

僕が登った時はだいたい車を置いた場所から、登りくだりも合わせて2時間程度でしょうか。

かなりきつい道のりではありますが、特にがっつりとした装備をすることなく、ハイキング感覚で登ることが可能です。

ただ、道の状況はかなり荒く、草木も生い茂っている場所をかなり歩かなければいけないので、サンダルやヒールで行くことは厳しいかも。。

足回りはしっかりとした装備をして登りましょう!

P_20160430_092331

途中の道はかなり傾斜がきつく、途中でトイレや自動販売機などはありませんので、ちゃんと事前に準備をしておきましょう

途中のからの風景もかなりいいです!

P_20160430_092714

滑走路も一望できます。運がよければ飛行機が離着陸をする瞬間が見られたりします。

P_20160430_093424

 

一応この写真にも飛行機が写っています。小さくて多分あんまりわからないですが、ちょうど島のところに白い飛行機がみえますでしょうか。

飛行機の離陸を上から見上げるという貴重な体験ができました。

P_20160430_093631

さて道は続きます。

山頂でのお鉢巡り

P_20160430_100040

1時間ほど登っていくと、火口までたどり着けます。ここから火口を一周するコースがあるのですが、だいたい45分〜1時間ぐらいで1周できるぐらいの感じですね。

P_20160430_100041

とにかく不思議な風景が広がっています。

八丈富士は一応活火山なのだそうですが、最後に噴火をしたのが1600年代なので、噴火口には木々がおいしげっていて森になっています。

深い穴の中がさらに森になっているので、風の谷のナウシカの「樹海」のようになっています。

P_20160430_100044

P_20160430_100134

P_20160430_100252

あと僕が登っていた時なのですが、非常に音が特徴的なんです。

特に下の写真の右のほうにちらっと写っていますが、ツバメがたくさん飛んでいて、非常に近くまでバンバン飛んできます。

その風を切る音が非常に印象的です。

P_20160430_100252

 

P_20160430_100530

P_20160430_101419

一面のグリーンでやや距離感や大きさがつかみづらいですが、噴火口は50メートルから100メートルほどあるので、かなりの迫力です。

P_20160430_101422

 

P_20160430_101432

道はかなり狭く、かなりきわどいところを歩く道もあります。

P_20160430_101730

P_20160430_101736

P_20160430_101900

P_20160430_102111

P_20160430_102210

P_20160430_102215

 

P_20160430_103337

P_20160430_103340

ちなみに山頂からは隣にある「八丈小島」も見ることができます。

P_20160430_103345

P_20160430_105524

落ちるとまず助からないでしょう。写真だと伝わりづらいですが、かなりの断崖絶壁を歩きます。

P_20160430_105858

 

P_20160430_105903

 

P_20160430_110144

写真だとコンパクトにおさまってしまいますが、一周1時間ほどの道なので、非常に大きいです。

この日はあまり人がいなかったのですが、人を写すとこんな感じになります。かなりの激しめの道を1周するので、くれぐれも服装だけはちゃんと山歩きができる格好をお勧めします。

P_20160430_110147

厳しい道を登ることになりますが、八丈富士は登って絶対に後悔したい山です。

ナウシカの「樹海」のような風景をみることができるので、ぜひ八丈島に行ってみて、さらに八丈富士に行ってみてください!