一人旅Lifehack

「一人旅Lifehack」におこしいただきましてありがとうございます。一人旅・語学・読書・ライフハックネタをメインに、組織に頼らず個人・少人数で生きて行く方法を探っていきます。夢は海外移住とカントリーホッピング的な生き方です。興味のあることをどんどん書いていきます!

ライフスタイル 考え

給料のしくみをお小遣いに例えるとスゴく分かりやすい

投稿日:

以前の会社が小さい会社だったので、大企業では学べないことをたくさん勉強することができました。

一番よかったなと思う事は

給料がどこから出てくるのか

というのがよく理解できるようになったことです。

この仕組みさえ理解をしておけば、

「給料が安い!」

「なぜ給料が上がらないんだ」

みたいな余計なことに悩まなくなるとおもったので、書いてみようと思います。

給料のしくみをお小遣いに例えるとスゴく分かりやすい

1、見るべきは「払えるお金」と「制度」

子どもの頃は誰しもがお小遣いをもらっていたと思います。

この仕組みは給料に関しても大体同じです。

PAK85_singadoll20140531500-thumb-815xauto-5091 (1)

見るべきは「払えるお金」と「支払いの制度」です。

2、払えるお金

これはスゴく分かりやすいと思います。

お小遣いの仕組みって多分

お父さんの給料から住宅ローン、車のローン、食費、交通費、etcなどの固定費を支払って残りの金額からお小遣いって払われていたと思います。

PAK85_laladentakuOL20140321-thumb-815xauto-16986

これは企業も同じだと思います。

企業も入ってくる売上から原価や固定費を払って、その残りを従業員の給料として配分しています(実際はちょっと違いますが)

3、支払いの制度

あとは支払いの制度です。

家は別に裕福なんだけど、親の方針によってお小遣いを全然もらってなかった人っていましたよね。

会社も同じで、結構儲かっているんだけど、会社の支払いの仕組みで給料が上がらないみたいな感じの会社もありますよね。

LIG_okanebaramakareru-thumb-815xauto-16022

それとは逆に、売ったら売った分だけ給料が入ってくるみたいな会社もあります。

本当に給料が欲しかったら

上記を踏まえると、高いお小遣いをもらえる子どもって、

1、親の可処分所得(必要なお金を払った後に残るお金)が豊富

2、そもそもちゃんとお小遣いが支払われる仕組みがある。

という2点の条件がそろっていれば、仕組み的には子どものお小遣いは高くなるはずです。

お給料が本当に欲しいのであれば、上記のような会社を選べばいいだけです。

つまり

1、会社がお給料として支払えるお金が豊富で

2、そもそも支払いの仕組みがきちんとしている

という会社ですね。

1に関しては、ビジネスモデルを見る必要があります。

粗利率の高いビジネスをしている会社であれば、給料として支払える資金をたくさんもっているので、給料が高くなる可能性を持っていると思います。

2に関しては、給与制度を見てみると分かると思います。

お給料が欲しい人は1と2をしっかり確認してみることをオススメします。

その上で転職したければ、転職をするべきでしょうしそうでなければ別の企業を探した方がいいと思います。

最後に

給料が低いと嘆く人は多いのですが、本気で上げようとする人ってあんまりいないんですよね。

まずは仕組みを知って対応をする事がベストではないでしょうか。

 

終わり

 

-ライフスタイル, 考え
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

第二新卒の市場が広がるかも!今がチャンスですよ!

リーマンショックあたりで就活をした人たち、今がチャンスです! 以前ブログにも書きましたが、今、企業側の採用意欲が非常に高まっています。 第二新卒市場がちょっとずつ広がってきているんですよね。 新卒で入 …

「成長したい」「スキルをつけたい」ならまず考えよう

就職活動でベンチャー企業に入り、3年ほど働きました。 そこで、「スキル」や「成長」について色々考えましたので、書いておこうと思います。 これからベンチャー企業を受けようと思っている学生さんは是非参考に …

no image

コンフォートゾーンから出たければ「今までと違うお金の使い方をする」

最近なんとなくコンフォートゾーンから出る方法がわかってきました。 それは 「今までと違うお金の使い方をする」 というものです。 コンフォートゾーンから出たければ「今までと違うお金の使い方をする」 自分 …

韓国の本屋さんで感じた韓国のスゴさ

いろいろな国で本屋にいくのが結構好きです。 文字を完璧に読めないまでも、その国の本屋にいけば、その国の雰囲気がよくわかります。 例えばどんな感じの本が人気なのか。どんな日本の作家が人気なのか、等々結構 …

新卒で入社したけど。。。居続けてはいけない会社の5つの条件

最近前職の人と飲む機会が多いのですが、やっぱりみんな他の職場を経験すると視点が変わりますね。 今までは新卒で入った会社で、価値観もその会社のものしかなく、社畜一辺倒でしたが、いろいろな職場を見た事によ …

follow us in feedly

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。