• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「もえぎの湯」に行ってきました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 62

東京の奥多摩にある、

もえぎの湯

に行ってきました。

奥多摩駅からバスに乗る事なく行く事ができるので、非常に簡単に行けますよ!

「もえぎの湯」に行ってきました。

行き方

まずは奥多摩駅を目指しましょう。

東京駅から約1時間半から2時間ほどで到着をします。

東京の都心から徐々に周りの風景が変わっていくのをみるのはテンションが上がりますよ!

 

駅からは歩いて行く事が可能です。

ちょうど下の地図の左上が駅、右下がもえぎの湯です。

150801-0001

徒歩で歩いていくと15分ぐらいかかるでしょうか。

この日はとてつもない猛暑だったので、非常に長く感じました。

まず奥多摩駅です。

IMG_4053

ここから、温泉を目指します。

道をずっと歩いていくと橋が。

まわりにはもえぎの湯以外の温泉もあるようです。

IMG_4058

 

この日もとってもいい天気。天気が良すぎて若干熱中症になりそうでした。

 

IMG_4061

 

 

道なりを進むといきなり温泉がばーんと現れるのではなく、一度小道にはいります。

 

IMG_4063

 

 

小道を抜けると吊り橋があります。

なかなか立派な吊り橋です。テンションも上がってきます!

 

IMG_4072

 

 

吊り橋の上はとってもいい景色です。

IMG_4080

 

 

IMG_4088

吊り橋を超えて右折するともえぎの湯です。

温泉の写真自体は撮れなかったので、Google検索とかで見てもらえばとおもうのですが、ここからは中の様子などを書ければと思います。

 

実際のもえぎの湯の詳細

温泉の料金自体は780円で2時間です。

タオルもしっかりと購入できるので、最悪手ぶらで来ても大丈夫です。

館内は非常にきれいです。

 

温泉は露天風呂がやはりいいです。

このシーズンは非常に山の緑がきれいなので、森の中で温泉に入っている感覚になります。

これぞ本当の森林浴といったところでしょうか。

お湯は日本最古の地層から来ているらしいです。入った感じは少しぬめりけのある感じで肌に非常に良さそうです。

 

温泉から出ると、食事をするスペースがあります。

テーブル、座敷ともにあるので横になってゴロゴロしたい人にも、テーブルで緑を見ながら食事をしたい人達にも最適です。

食事はやはり川魚なんかの定食がいいんじゃないでしょうか?特産のなまこんにゃくなんかも使用していてとってもヘルシーで元気のでる食事です。

2時間という時間がネックですが、この温泉そもそも人気があるのでそうでもしないと混雑しちゃって人が入れなくなってしまうんですよね。

 

最後に

東京からわずか2時間でここは東京なのか?という風景を見せつけてくれるところが非常にいいです。

以前紹介している数馬の湯なんかは到達する難易度が非常に高いですが、駅を降りてから徒歩で行く事が可能なので、ちょっと山の中の温泉を体験してみたいという人に非常にオススメです!

是非夏の太陽が気持ちいい季節に行ってみてください!

終わり

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存