• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

「自分が存在していて、何が変わったのか」を日々問い続けるのが仕事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

社会人になって初めて入社をした企業は、結構なブラック企業だったと思います。3年間でそこを退社して、今の会社に勤めています。

正直もう二度と入社はしたくないですが、唯一よかったなと思える点があります。

それは「仕事」とはなにかということを嫌という程叩き込まれたことです。

どの仕事に関しても役に立つ考え方なので、書いてみようと思います。

ブラック企業で叩き込まれた仕事の流儀

僕の前職

ネット広告のベンチャー企業にいました。ベンチャー企業と言っても、特に目新しいことをしているわけではなく、企業にひたすらテレアポをしてリスティング広告やSEOを受注してくるいわゆる「なんちゃってベンチャー」みたいなところにいました。まあ、普通の広告代理店ですね。ビジネスモデル的には別にベンチャーでもなんでもないですが、学生向きに、社内向けに受けがいいので、ベンチャーと自称していました。

そこで約3年間リスティング広告の運用などの仕事をして、今の人材の会社に転職をしました。

お前が何を変えたのか??、お前がいて組織がどう変わったのか??

前職では毎月月末に月次の発表会というものがありました。

営業職の皆さんはよくあると思いますが、いわゆる自分の数字を月次で発表するというものです。

おそらくどこの会社にも似たようなものはあると思うのですが、僕の前職が変わっていたのは、その中に

「自分が存在していて、何が変わったのか」

というのを発表するコーナーがあったことです。

このコーナーは文字通り、

自分が組織に存在していたことによって、なにか新しい仕組み・改善が生まれたか

というのを発表するコーナーです。

このコーナーはいつも非常に見られていて、例えば営業成績が非常に良くても、この部分がスカスカだとあまり評価されません。逆にこの部分が充実していると、営業成績が悪くても結構評価されていました。

これは非営業職はさらに顕著で、あるタスクをやるだけでは叱責の対象で、何か新しいもの、制度、改善をすることのプレッシャーを常に感じていました。

「何でこの会社にいるの」「今月何してたの?」

というワードに恐怖しながら、必死に何か新しい仕組み、改善点を考えていました。

その人にしか出せない価値を生みだし続けられる人は、どこに行っても生きていける

大変な環境でしたが、「仕事」と「作業」の違いを体に叩き込むことができました。

どんな環境に行ってもそうなのですが、仕事とは、

その人にしか出せない価値を生み出すこと

だと思います。

例えばスティーブジョブズがいなければ、iPhoneは生まれなかったでしょう。

そこまで大きくなくても大丈夫ですが、1ヶ月振り返ってみて、

「自分がいなければできなかった仕事はなにか?」

と自分に聞いてみて、答えがたくさん出てくる人になりたいですね。

そうすれば、今後も仕事をAIに奪われることもないでしょう。

最後に

自分にしか出せない価値に集中することで、今やっている仕事はまだまだ改善する部分が見つかるはずです。

皆さんもぜひ仕事しましょう!作業じゃなくてね!

終わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存