• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【映画】「LIFE!」を見ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 62

【映画】「LIFE!」を見ました。

今年に入って一番いい映画かもしれない!!

ずっと気になっていた映画です。ただ、TSUTAYAで準新作扱いだったんですが、ちょっと勇気をだして借りてみました。

結論は、今年の映画で一番良かったです!

 

あらすじは、

「世界を見よう、危険でも立ち向かおう。それが人生の目的だから」というスローガンを掲げる伝統的フォトグラフ雑誌『LIFE』。

ウォルター(ベン・スティラー)は、『LIFE』編集部のネガフィルム管理部門で真面目に働きながらも、地味で平凡な人生を送る冴えない男。

想いを寄せている同僚のシェリル(クリステン・ウィグ)に直接声を掛ける勇気もなく、彼女がパートナー探しのウェブサイトに登録していることを知れば、自身も登録してみるものの、特徴的な体験談のひとつさえも書くことがない。しかしお得意の空想の世界では、時にアクションヒーロー、時に勇敢な冒険者となり、シェリルに対して情熱的な台詞を言うことも出来た。しかし所詮それは、空想の世界の出来事でしかなかった。

ある日出社したウォルターは、突然のライフ社事業再編と、それによるLIFE誌の廃刊を知らされる。同時に、事業再編を担当する新しいボス、テッド(アダム・スコット)がウォルターらの前に現れる。

LIFE誌を代表するフォト・ジャーナリストであり、冒険家のショーン(ショーン・ペン)は、いち早く事業再編による廃刊を知っており、ウォルターへの手紙と、LIFE誌のための最後の撮影フィルム、そしてウォルターのこれまでの仕事ぶりに感謝を込めた、革財布の贈り物を届けていた。

しかしショーンが「自身の最高傑作ゆえに、最終号の表紙に相応しい」と記す「25番目のフィルム」はそこにはなく、撮影フィルムから欠けていた。

テッドによる容赦ないリストラクチャリングが始まる。同時にテッドは、最終号の表紙を飾る予定の、25番目のフィルムの早急な提出をウォルターに求める。

25番目のフィルムの在処はショーンしか知らない、と悟ったウォルターは、映像が写っている残りのフィルムを元に、シェリルの協力も得て、ショーンの所在を推理するが、それはニューヨークから遠く離れた場所、グリーンランドであった。

気がつけばウォルターはオフィスを飛び出し、ショーンを見つけるべく、エア・グリーンランドヌーク行きの飛行機に飛び乗っていた。この瞬間からウォルターの、空想の世界ではない、現実の世界での冒険がはじまる。同時にこの旅は、彼自身の人生の転機、思いがけない人々との出会いの旅となるのであった。

(wikipedia)

家族のため、人生の為に職場の日の当たらない場所で単調な生活を繰り返していた主人公が、雑誌の売れっ子カメラマンが送ってきた「最高傑作の写真のネガ」を探すために、世界各地を飛び回っているカメラマンを探しに旅に出る、というロードムービー的な映画です。

旅にでることによって、単調な人生がどんどん変化していく、、、という感じの映画なので、旅に出たくなります。

旅の終わりについにアフガニスタンでカメラマンを見つけます。

旅を終えて、普通の生活に戻る主人公に最後に大きなプレゼントが。。。みたいな話です。

 

ロードムービーなので、「平凡な生活から飛び出そう」というメッセージはちりばめられています。

 

ただ、この映画のいいところはそこだけでは終わりません。肝心な部分を書いてしまうと、ネタバレになってしまいますので書きませんが、「コツコツ仕事をすれば、いつか報われる」というメッセージが最後に気持ちよく出てきます。

 

最後に映画の中にでてきたLife誌のスローガンをのせておきたいと思います。

 

めちゃかっこいいスローガンです。

世界を見よう
危険でも立ち向かおう
壁の裏側を覗こう
もっと近づこう
もっとお互いを知ろう
そして感じよう
それが人生の目的だから

To see the world, Things dangerous to come to,
To see behind walls, To draw closer, To find each other and to feel.
This is the purpose of life.

(Life誌のスローガン)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存