英語の次は中国語をやるのがいいよという話

メッセージ

英語の次にコスパがいい言語ってやっぱり中国語だと思うんですよね。

僕もある程度は話せますが、やはり中国語を習得してから自分の見える世界がものすごく変化しました。

中国はこれからどんどん伸びる国になります。将来的には中国関係の仕事をする人もどんどん増えてきて、ひょっとしたら「中国語の格差が経済の格差」なんて言われる日がやってくるかもしれません。

英語ができる人は絶対中国語やったほうがいいです!

僕が中国語をやったほうがいい理由を書いてみます。

英語の次は中国語をやるのがいいよという話

文法がシンプルかつ英語に似ている

実は中国語の文法って結構シンプルかつ、英語に似てるんですよね!

いうてみれば格変化のない英語みたいな感じです。

ですので、話す段階になるとそこまで苦労しません。中国語は発音が難しいと言われますが、発音さえクリアしてしまえば、そんなに習得に苦労しないと思います。

日本人は漢字に抵抗感がない

そしてこれが最大のアドバンテージだと思うんですが、日本人は幸いなことに感じに対して抵抗がないんですよね。

なので単語の暗記が非常に楽です。

例えば音読みと訓読みというのが日本語にはありますが、中国語の発音は音読みに似ているところがあって、抵抗なく頭に入ってきます。

これが他の国の人だと超たいへんですよね。僕らがアラビア語を一から学習するようなものですから。

使う機会を作りやすい

そして中国語は利用機会を作りやすいんですよね。

例えばみなさんの近くのコンビニでも簡単に中国人や台湾人の人を見つけることができますし、観光にきている人も英語やスペイン語話者に比べると非常に多いんですよ!

使う機会が多いということはモチベーションが保ちやすいということです。

ある程度の継続が必要な語学学習において、これは非常にありがたい!

そして、中国の方はどの国にいっても一定数います。

僕は現在インドにいますが、インドでスペイン語話者を見つけるのは難しいですが、中国語話者であればちょっと中華料理屋にいけばすぐに見つけることができます。

最後に

悪いことはいいません。

英語ができる人は速攻中国語やったほうがいいです。

中国語のコスパはいいですよ!