一人旅Lifehack

「一人旅Lifehack」におこしいただきましてありがとうございます。一人旅・語学・読書・ライフハックネタをメインに、組織に頼らず個人・少人数で生きて行く方法を探っていきます。夢は海外移住とカントリーホッピング的な生き方です。興味のあることをどんどん書いていきます!

ライフスタイル 勉強法 考え 語学

言語を学べば、世界をいろんなフィルタで見る事ができる

投稿日:2015年6月2日 更新日:

WIREDの記事がとても面白かったので、シェアします。

使う言語が「世界の見え方」を決めている:研究結果

http://wired.jp/2015/05/18/language-changes-your-view-of-the-world/

使う言語によって、世界の見え方が違うというのは前々から言われていた事ですが、やはり違うんですね!

言語を学べば、世界をいろんなフィルタで見る事ができる

確かに言語によって同じ事象を表現するのでも言い方が違ったりしますよね。

例えば、雨が降っている様子を描写するのでも

日本語だと

雨が降る

ですが、ドイツ語だと

Es gibt Regen.

なんて言ったりします。

まあ、英語に直すと、

it gives rain

つまり、何かが雨を与えている

みたいな表現をすることがあるんですよね。

まあ、僕はあんまりドイツ語を勉強したことがないので、細かいことまでは知りませんが、

主語を雨にして、雨が降っていると小さいころから思っている日本人と、何かが雨を与えているとずっと考えているドイツ人だと、科学が強くなったり、合理的な思考になりそうなのは後者のドイツ人だと思います。

また、僕は学生時代にメキシコにいまして、1年ほどメキシコで暮らしていました。

そのときに感じたことなのですが、

言語によって、イメージするものが変わってくる

というものがあります。

例えば「犬」という単語を取ったとしても

日本人だと秋田犬みたいな感じの犬を想像する人が多いと思うのですが、メキシコ人だとピットブルみたいな犬を想像する人がおおくて面白いなーと学生ながら思った気がします。

RR152_wanko-thumb-autox600-14810

てな感じで、言語を学ぶという事は、その国の人達がどんな考え方をしているのか。どういう思考をしているのか。ということを学ぶことと同義だと思います。

いろいろな場所にいって世界を広げるのも面白いですが、いろんな言語を勉強して世界の見え方を変えてみるというのもいいかも知れませんね。

おわり

 

-ライフスタイル, 勉強法, 考え, 語学
-, ,

執筆者:

関連記事

no image

金脈を見つけられる人と、それを掘り出す人

いろんな社長のインタビューや社会人経験などから、お金持ちにも2タイプいるなということが最近分かってきました。 そして、会社によって社長もこのいずれかではないでしょうか? 金脈を見つけられる人と、それを …

no image

コンフォートゾーンから出たければ「今までと違うお金の使い方をする」

最近なんとなくコンフォートゾーンから出る方法がわかってきました。 それは 「今までと違うお金の使い方をする」 というものです。 コンフォートゾーンから出たければ「今までと違うお金の使い方をする」 自分 …

損切りの発想ってホント重要

損切りの発想って本当に重要だなあと転職をして本当に思います。 ちょうど同じような事をらふらくのタクスズキさんも書かれていたので、ちょっと共有してみます。 思い切って辞めてしまうコトが本当の自己投資につ …

飲み会の次の日は身体が重い。軽めの1.22キロラン2015/09/16【ランニングログ】

やっぱり飲み会は無いに超した事は無いかもですね。 どうも身体が重いんですよね。 はかってみると、ベストコンディション時の61キロよりも2キロほど増加をしています。 飲み会自体はすごく面白いんですけどね …

まずは、頭に発音を叩き込む!2015/09/14【インドネシア語学習ログ】

今日のインドネシア語の勉強です。 今は単語の勉強というよりもどちらかというと発音を重視して勉強しています。 インドネシア語は恐らく単語力が肝なので、早く発音を覚えるゾーンを超えて、単語覚えるほうに進ん …

follow us in feedly

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。