一人旅Lifehack

「一人旅Lifehack」におこしいただきましてありがとうございます。一人旅・語学・読書・ライフハックネタをメインに、組織に頼らず個人・少人数で生きて行く方法を探っていきます。夢は海外移住とカントリーホッピング的な生き方です。興味のあることをどんどん書いていきます!

ライフスタイル 勉強法 考え 語学

言語を学べば、世界をいろんなフィルタで見る事ができる

投稿日:2015年6月2日 更新日:

WIREDの記事がとても面白かったので、シェアします。

使う言語が「世界の見え方」を決めている:研究結果

http://wired.jp/2015/05/18/language-changes-your-view-of-the-world/

使う言語によって、世界の見え方が違うというのは前々から言われていた事ですが、やはり違うんですね!

言語を学べば、世界をいろんなフィルタで見る事ができる

確かに言語によって同じ事象を表現するのでも言い方が違ったりしますよね。

例えば、雨が降っている様子を描写するのでも

日本語だと

雨が降る

ですが、ドイツ語だと

Es gibt Regen.

なんて言ったりします。

まあ、英語に直すと、

it gives rain

つまり、何かが雨を与えている

みたいな表現をすることがあるんですよね。

まあ、僕はあんまりドイツ語を勉強したことがないので、細かいことまでは知りませんが、

主語を雨にして、雨が降っていると小さいころから思っている日本人と、何かが雨を与えているとずっと考えているドイツ人だと、科学が強くなったり、合理的な思考になりそうなのは後者のドイツ人だと思います。

また、僕は学生時代にメキシコにいまして、1年ほどメキシコで暮らしていました。

そのときに感じたことなのですが、

言語によって、イメージするものが変わってくる

というものがあります。

例えば「犬」という単語を取ったとしても

日本人だと秋田犬みたいな感じの犬を想像する人が多いと思うのですが、メキシコ人だとピットブルみたいな犬を想像する人がおおくて面白いなーと学生ながら思った気がします。

RR152_wanko-thumb-autox600-14810

てな感じで、言語を学ぶという事は、その国の人達がどんな考え方をしているのか。どういう思考をしているのか。ということを学ぶことと同義だと思います。

いろいろな場所にいって世界を広げるのも面白いですが、いろんな言語を勉強して世界の見え方を変えてみるというのもいいかも知れませんね。

おわり

 

-ライフスタイル, 勉強法, 考え, 語学
-, ,

執筆者:

関連記事

若いときにハードな体験をしておく方が絶対いい!絶対に!

  若いときにしか出来ない事が世の中にはたくさんあります。 若いときに頑張りなさいとよく言いますが、これまさにその通りだと思います。 僕の会社も社外の人や、うちから転職した人に聞いたので、そ …

僕の前職がバランスを欠いて破滅しそうな件、やっぱり職場もバランスが重要。

この記事を見て考えたことを一つ。 オオカミを放った国立公園で、20年後に「すごいこと」が起こった http://tabi-labo.com/50052/wolves-change-rivers/ 自然 …

転職してすぐに使えた!若手で転職しても使える実用的な汎用的なスキルとは

社会人生活も4年目がスタートしましたが、やはり会社が変わっても使えるスキルっていうのは非常に大事だと思います。 僕は ネット広告代理店→人材会社 という転職を経験して、現在は人材会社にいましたが、両方 …

no image

長時間労働をするとどうなるか、月200時間残業していた僕が書いてみる。

最近何かと話題になる長時間労働。 電通の過労死の問題など、世間をにぎわせているが、長時間働くということが、どういう感じなのかは働いていた人でないとわからない。 僕は転職をする前、新卒で入社をしたベンチ …

覚えればいいことは最初に覚えてしまおう

転職をして、最初にびっくりしたことは、 みんなエクセルおそ!! ということです。 とにかく無駄な動きが多いんですよね。 コピペを一つ一つやったりとか、セルの選択をCtrlを押しながらしないから、一番下 …

follow us in feedly

2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。