【阿嘉島に行ってきました】クシバルビーチに自転車でいくのはオススメしません!

阿嘉島に行ってきました。

北浜にいってかなりのこの島のビーチに魅了されてしまいました。

そのままゆっくりしてもよかったのですが、せっかくここまで来たので、他のビーチも見に行ってみることにしました。

目指したビーチは後原(クシバル)ビーチです。

位置関係はちょうど島の反対側。地図でみるとよくわかります。

160312-0001

 

パーラーみやまで食事をしたあとは、このクシバルビーチに行ってみることにしました。

クシバルビーチに行く時は原付で行こう!地図でみるよりだいぶきついです。

僕はこの日レンタサイクルを借りていて、島をぶらぶらしていました。阿嘉島自体もそんなに大きな島ではなく、このクシバルビーチにも比較的簡単に行くことができるだろうと思っていました。

 

ただ、現実にクシバルビーチまで自転車でいってみましたが、めちゃくちゃきついです!

僕は学生時代にママチャリで四国一周とかをしていたので、まあまあ自転車には自信があったのですが、それでもクシバルビーチまでの道はかなりきついです。

簡単に言うと、山越えをしなければいけないんですよね。

ボロっちくて自分の体に合わない自転車を押しながら、50分ほど原始林の中を走らなければいけません。

P_20160218_120514

P_20160218_120511

P_20160218_121112

P_20160218_122555

P_20160218_123343

その間ほとんどトイレや自販機などもありません。かなりフラッと行ってしまいましたが、シーズンがシーズンであれば、多分山道で熱中症か脱水症状になって死んでいたことでしょう。

 

また、海岸までの道も誰もいませんでした。自転車がパンクしたらやばかったなあ。。。

多分片道自転車でも50分から1時間ぐらいはかかるので、それなりの装備はしていきましょう(自転車では行かないでください笑、原付きで行きましょう)

クシバルビーチ

クシバルビーチは観光地の海岸というよりは、自然の海岸といった感じでした。

P_20160218_124406


P_20160218_124402

P_20160218_124406

P_20160218_124403

北浜ビーチと違って外海に面しているため波も結構高く、水の透明度も北浜ビーチの上です。

外海という関係で漂流物も多く、砂浜の綺麗さでも北浜ビーチのほうが上ですね。

ただ、漂流物の多くは中国語で描かれており、この島の対岸が外国であるということを思い出させてくれます。

このビーチもすごく良かったですが、一休みしたあとは再度山越えでした。

このビーチにいらっしゃる人は決して自転車を使わず、原付きを利用しましょう!

 

おわり