• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【京都】高山寺に行ってきました!神秘的な空気に包まれる体験ができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

関西に移り住んだことにより、京都へのアクセスが非常に良くなりました。

京都は世界的な観光地。

世界遺産にも指定されている寺院が数多くあります。

ただ、僕も行ったことがあるのは、清水寺や金閣寺など、いわゆる修学旅行で回るコースしかありません。

そこで、自分のベスト寺院を見つけるために、時間があれば京都に出向き、いろいろなお寺をめぐることにしました。

今回行ってきたのは高山寺です。

高山寺にいってきました。京都山奥の寺がなかなかいい!

高山寺へのアクセスは市内にある寺へのアクセスに比べて圧倒的に悪いです。

それもそのはずで、まず京都駅からバスで1時間ほど山に進む必要があります。

見ていただくとわかりますが、京都市内からはそこそこ離れています。

screenshot_2016-10-15-12-02-24

京都駅からバスに乗り、進むこと約1時間。

京都らしい風景は徐々に少なくなっていきます。

そして到着。

p_20161010_120157

p_20161010_120204

p_20161010_120207

停留所におりると、見事に山の中です。

まずは腹ごしらえ。

この高山寺自体が川の近くにあるので、飲食店からはかなり綺麗な川が見えます。

p_20161010_120346

p_20161010_120421

この日はお蕎麦を食べました。絶品です。

p_20161010_121228

腹ごしらえが終われば、いよいよ寺巡りです。

p_20161010_122549

高山寺には裏参道という道と表参道という道が2つあり、そのどちらからでもお寺の中にはいることができます。

この日は、裏参道から入って、表参道から出るというルートでいきました。

p_20161010_122557

はじめはちょっと険しい道が続きます。

p_20161010_122613

p_20161010_122629

p_20161010_122702

しばらく進むと小屋があり、そこで入場料を支払います。

入場券のチケットは、「鳥獣戯画」。

僕もここに来るまで知らなかったのですが、この日本最古の漫画といわれる鳥獣戯画は、この高山寺に原画があるんだそうです。(後述します。)

p_20161010_122819

チケットを購入してからしばらく進んでいくと、徐々にお寺らしくなってきます。

観光客は本当に少なく、静かで神聖な空気が辺りを漂っています。

p_20161010_122838

p_20161010_122905

p_20161010_122919

p_20161010_122926

別料金を支払うことで、石水院を見ることもできます。

ここには有名な「鳥獣戯画」の絵も飾られていますし、静かな庭がとてもいいので、ぜひ行ってみましょう!

p_20161010_123008

p_20161010_123018

p_20161010_123322

p_20161010_123343

p_20161010_123347

p_20161010_123356

p_20161010_123503

p_20161010_123510

 

p_20161010_123800

p_20161010_123931

京都の山奥に位置し、古くから修行の場として使用されていたこの寺は、京都市内からも遠く、観光客も少ないです。

樹齢何百年という木が生いしげり、枝の間から光が差し込んでくる様子はとても神秘的で、何か人間を超越した存在を感じずにはいられません。

p_20161010_124042

p_20161010_124235

p_20161010_124237

p_20161010_124454

p_20161010_124514

p_20161010_124521

p_20161010_124626

p_20161010_124651

p_20161010_124958

p_20161010_130011

p_20161010_125303

p_20161010_124715

p_20161010_124826

p_20161010_124833

p_20161010_125139

市内の寺院もすばらしいですが、こちらも非常にすばらしいです。

京都の観光客の多さに嫌気がさしたら、ぜひこちらの高山寺にきてみてください!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存