• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

ジャカルタに行ってきました!ジャカルタでタクシーよりUberをおススメしたい5つの理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

インドネシアでは日常的にタクシーを使います。

というのも、

  • 初乗り6500ルピア(日本円だと50円ぐらい)
  • 道路の状態が悪いので、歩いて移動をするのに向かない

という2点があり、今回の滞在ではほとんどタクシーを使っていました。
(こう聞くと贅沢に聞こえますが、日本の地下鉄よりこちらのタクシーの方が安いです)

そんな感じで、タクシーを使っていたのですが、ジャカルタに住んでいる僕の先輩は極力ウーバーを
使うようにしているらしいです。

聞いてみると確かにインドネシアではウーバーの利点がかなりあるので、書いてみようと思います。
これからインドネシアに行くときはぜひ考えてみてください。

ジャカルタに行ってきました!ジャカルタでタクシーよりUberをおススメしたい5つの理由

1、料金が安い

日本でウーバーを使おうとすると、
結構普通の値段よりも一緒かちょっと高いぐらいだったりします。

僕もそれがウーバーを使わない理由なのですが、
インドネシアだと料金がタクシーより安いんですよね。
それでいて、車も結構いいので、使わない理由がありません。

2、料金をクレジットで引き落とせる

料金をクレジットカードで引き落とせるのもポイントです。
というのもインドネシアのドライバーはお釣りを持っていないことが多く、
結構損した気持ちになります。(まあ、いいんですけどね、10円20円ぐらいなので)

その点ウーバーであれば、クレジットカードに請求がくるので、
金額的なストレスはあまり感じなくてすみます。

3、料金が定額

インドネシアは渋滞がやばいぐらい発生します。
そして渋滞でストップしている間もメーターは上がっていきます。
ウーバーであれば、事前に料金が決まっていて、
それを支払うシステムなので、渋滞に巻き込まれて変に
支払いが高くなることがありません。

4、場所を伝える手間がない

タクシーに乗ると場所を伝える必要があるのですが、
タクシードライバーみんながみんな場所を正確に知っているわけではありません。
また、場所の説明などをする必要

5、運転手の英語理解度が高い

ウーバーを使っているぐらいなので、
ある程度の教育水準はあるんですよね。
なので、タクシーの運転手さんより全然英語が通じました。

ウーバーはある程度英語が使えれば、非常に便利です。
また、電話をする必要があるので、音声通話付きのシムを購入しておく
必要があります。

今回僕はデータ用のシムしか買っていなかったので、
使いませんでしたが、音声通話付きのsimカードを使用するのであれば、
かなり使い勝手いいです!

最後に

日本でUberを使ってみるとまだそこまでタクシーとの使い勝手の差がわかりませんが、インドネシアで使ってみるとUberの良さがかなり実感できました。

ぜひジャカルタに遊びに行くときはウーバーを使ってみてください!

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存