• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

イントゥ・ザ・ストームを見ました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 62

実家のwowowでやっていたので、ちょっと見ちゃいました。

結構面白かったのでオススメです!

 

イントゥ・ザ・ストームを見ました。

あらすじは

アメリカ合衆国の片田舎に位置する小さな町シルバートン。その日、高校の卒業式を迎えた教頭のゲイリーは、竜巻の注意報を受けたことで式の延期を校長に訴えるが、その提案は却下され、予定通り式は執り行われることになった。だが、これまでに無い大規模な竜巻が学校を襲い、式の参加者はパニックに陥る。何とか生き延びたゲイリーは、長男のドニーが町外れの廃工場にいることを知り、次男のトレイと共に助けに向かうのだった。

一方その頃、巨大な竜巻を追い、その姿を撮影することで生計を立てている「竜巻ハンター(ストーム・チェイサー)」のチーム「タイタス」も、シルバートンの町を訪れていた。彼らは巨大竜巻を撮影することに躍起になるが、メンバーの一人である気象学者のアリソンは、この竜巻がこれまでに類を見ない超巨大なものであることを解明する。

超巨大竜巻により、壊滅的な被害を受けるシルバートンの町とその住民達。ゲイリー一行は「タイタス」チームと出会い、成り行きから行動を共にすることになる。

(wikipedia)

こんな感じです。

 

息をつく暇のない災害アクション

結構この手の映画ってテンポが大事だと思っていますが、この映画にはそのテンポがあると思いました。

結構次から次に問題が起こっていくんですよね。

竜巻がたくさんでてきたり、囲まれたりでなかなかそのあたりのテンポ感はいいです!

 

カメラワークもなかなか秀逸

カメラワークもなかなかいいかなーと思いました。

劇中で登場人物たちがカメラやスマートフォンで竜巻を撮影しているのですが、その映像が随所にちりばめられていたり、後は固定カメラの映像や監視カメラの映像なんかががちらちら入ってきていたりしていて、この映画の「ドキュメンタリー感」「ライブ感」をうまく醸成していたんじゃないかなと思います。

災害アクションはこの「ドキュメンタリー感」「ライブ感」というのが、観客を引き込むのに結構重要な要素だと思います。

所々にちりばめられているニュース映像なんかがより一層緊張感を高めてくれます。

 

最後に

いい感じの映像と、竜巻のテンポ感でなかなかいい感じの映画だったと思います。

主人公の俳優さんもいい感じのかっこいいお父さんという感じで結構親しみ持てましたし。

暑い夏は外で熱中症になるよりも家で映画でも見て涼みましょう!

終わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存