• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

新卒で入社した会社で死んではいけない。ブラック企業から転職するまで分かなかった4つのこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

電通の社員が過労の末自殺をしてしまった痛ましい事件が世間を賑わせている。

長時間労働の末の自殺。

普段なら、テレビの中の出来事として捉えていることも、今回は他人事とは思えなかった。

僕も転職をするまでは、似たような環境にいたので、非常によくわかる。

彼女が残したツイッターのメッセージで、

fireshot-capture-17-%e9%9b%bb%e9%80%9a%e7%a4%be%e5%93%a1%e3%81%9f%e3%82%99%e3%81%a3%e3%81%9f%e9%ab%98%e6%a9%8b%e3%81%be%e3%81%a4%e3%82%8a%e3%81%aetwitter%e3%81%a6%e3%82%99%e3%81%ae%e8%87%aa%e6%ae%ba

というのがあるが、死にたいとは思っていなかったものの、「この仕事を乗り越えた先に何が残るんだろうか」と日々考えていた。

彼女も新卒で入社をした先でおそらくどのくらいの範囲で自分が壊れてしまうか、そういうことを知ることなく、「成長」というざっくりとしたワードのもと、無理を強いられていたのだろう。

おそらく彼女と同じような環境で働いている人は、相当数いると思う。

僕はぶっ壊れて、自殺をすることはなかったが、会社にいけなくなって転職をして、人生を救われた。

そこで外の世界を見て、ようやく自分がいた環境が「異常」だったことが理解できた。

僕は新卒で3年間その会社にいたが、転職してからは「なぜもっと早く転職しなかったんだろう」ということばかり考える。

今日は僕が転職をして学んだことを書いてみようと思う。

新卒で入社をした会社で、人生に希望を見出せない人たちにぜひ読んでほしいと思う。

新卒で入社した会社で死んではいけない。ブラック企業から転職するまで分かなかった4つのこと

1、あなたを精神的に追い詰める大人は存在する

あなたを精神的に追い詰める人間は存在する。

「君の成長のため」

「愛のある指導」

「お前のことを考えている」

なんでもかまわない。そういうワードを付け加えることにより、パワハラをパワハラらしく見せないようにしているのだ。

僕も会社が変わって、全社員向けのハラスメント講習を受けたが、前職で公然と行われていたことが、会社が変われば完全なる懲戒免職モノであった。

「部下との信頼関係があるからやっている」

と言ってくる奴がいるが、そういう奴に限って部下からの信頼は全然なかったりする。

精神的に辛ければ、やめればいい。あなたがいないくらいで会社はつぶれたりしない。

 

2、健康や精神よりも重要な仕事なんてない

健康や精神よりも重要な仕事なんて存在しない。

確かに多少の無理はあるかもしれない。仕事に慣れていないうちはどうしても労働時間が長くなってしまう可能性もある。

ただ、無理が常習的に続くのであれば、すぐに辞めることをオススメする。

そもそもそういう無理をさせないマネジメントをするのも上司の仕事である。

僕の前職も常習的に無理をしており、その結果人材の流出が止まらず、現在まったく事業が伸びていない。

無理という感じは、「理が無い」と書く。

理が無いことは続かないのだ。

 

3、合う会社、合わない会社は必ず存在する

新卒で入社をするとよく上司から言われるのが、

  • こんなことは社会では普通
  • こんなことができないならどこに行っても通用しない

他の会社に行っても自社とほどんど同じ環境であるということを強調する。

ただ、これも完全に嘘である。

日本には相当数の会社がある。転職をして分かったが、業界、職種が同じだとしても会社ごとによって風土は驚くほど違う。

僕も転職をして、平均年齢、職種もかなり似ている会社に転職をした。ただ、風土は本当に違っていた。

食べ物や気候と同じように、自分に合う、合わない会社というのは必ず存在する。

合わなければ辞めてしまえばいいのだ。転職しましょう。

 

4、やめても大丈夫

ブラック企業ほど、辞める時に良心や恐怖心に訴えかけてくる。

「やめたらどうなるかわかってるだろうな」

「育ててくれた方に申し訳ないとおもわないのか」

「裏切り者だな」

「感謝の気持ちはないのか」

「会社に借金があるのがわからないのか」

僕も言われるのを見てきたし、自分も言われた。

ただ、正直やめても何もなかった。こんなことを言ってくる人に影響力などないし、会社をやめてしまえば、前職の付き合いなどよっぽど中のいい人を除いてほどんどなくなってしまう。

あなたの転職が与える影響なんてほとんどない。心配しなくていい。限界なのであれば、辞めるべきだ。

 

 

最後に

てな感じで前職で追い詰められていた僕が、転職をして初めてわかったことを書いてみた。

正直社会人歴の長い大人からみれば、「当たり前じゃん!」「当然のことだよね」とか思うかもしれない。

ただ、僕も新卒の時は限界まで追い詰められていた。

比較対象も無いし、上司の言うことがすべてという状態では、思考力がうばわれてしまう。

ただ、どんな仕事であれ、命より大切な仕事なんてない。それだけは覚えておいてほしい。

日本では年間に300万人近くの人が転職をするという。あなたの転職が経済に与える影響などほとんどない。

このブログを見た人が行動するきっかけになることを望む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存