• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

香港島から15分。静かな湾をみつけました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

香港島にフェリーで渡り、そこから九龍半島に戻ろうとするときに、乗るフェリーを間違ってしまったらしく、たまたま香港とは全然違う場所にたどり着きました。

間違ったフェリーに乗ってしまい、しかも飛行機の搭乗時間もあったので、最初は結構ドキドキでしたが、結果的に面白そうな場所を発見することができました。

僕はちらっと立ち寄っただけですが、どんな場所か地図を使って説明してみます。

香港中心部から15分。香港中心部の喧騒から逃れられる場所があります。

位置関係はこんな感じ

位置関係を地図で説明すると、下の図のようになります。

赤い丸の部分が香港島や尖沙咀などのいわゆる香港の中心地になります。

僕は香港島にフェリーで上陸して、そこから同じ道を引き返そうとしていたのですが、全く違うフェリーにのってしまい、黒い丸で囲われた場所にいってしまいました。

到着すると、香港の喧騒とは大違い。

香港の人よりも外国人のおじいちゃんおばあちゃんの方が人数が多く、静かなリゾート地といった感じ。

一通り歩いてみましたが、夏はおそらく現地の人たちがゆっくり海を楽しみに来る場所のようです。

この地区はちょっとした登山地区らしく、トラッキングも楽しめるそう。

今回は全く予期せずこの場所にきてしまいましたが、次は山登る格好をしてきてみようと思います。僕が行った時も、登山客と思われる外国人が街にいる人の大半を占めていました。

海岸の方に歩いて行くと、静かな海岸がありました。

この日はやや雨も降っていて、夏でもないので、海岸に人はいませんでした。

 

この場所から香港国際空港までバスで行けます。

実はこの場所、香港国際空港がある島にあるらしく、(僕も後から気づいたのですが)この場所から空港に行くバスが出ています。(赤い円で書いているところが空港。黒い円で書いているところがこの静かな湾です)

適当に乗ったフェリーのおかげで、香港の以外の一面に出会うことができました。

次訪問する時は、海もしくは山に行ってみようとおもいます。

終わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存