• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

習慣化をするなら、外部要因でキャンセルにならないタスクをいれろ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 61

これは自分の反省からなのですが、ルーティーン化をするのであれば、

日々必ず実行できるもの

から実行した方がいいと思います。

というか、そうしなければ続かないんですよね。

ルーティーン化を実行するにあたって必要なことは、

例外を作らないこと

だと思うのですが、実行するのに外的な要因がかかってしまうと、習慣が続かなくなりがちです。

a0002_008023_m

ルーティーン化に失敗した僕の例

僕はルーティーン化を実行するために

朝起きたらランニングをする

というのを習慣化しようとしました。

ただ、今回見事に失敗しました。

理由は非常に簡単です。

梅雨だったので、朝起きて走れない日が増えた

からです。

天候は自分でコントロールできませんので、どうしても生活の中に例外が出てきやすくなってしまいます。

 

 

 

外的要因に左右されないことを入れる

そこで僕は毎朝起きてやることを

ランニングをする

から

ランニングシューズを履く

というものに切り替えました。

 

そうすると非常に面白いのですが、ランニングも出来るようになるんですよね。ランニングブログは更新しなくなりましたが、ランニング自体はちゃんと続いています笑

非常におもしろいのですが、ランニングシューズを履くというアクションをする事によって、ランニングという習慣も途切れなくなりました。

例えば雨が降った時でもランニングシューズを履くことは可能です。

そうやってランニングにつながるアクションを継続することで、ランニングという本来続けたい習慣もとぎれなくなることを発見しました。

 

最後に

習慣化をするまではどうしてもある一定時間続ける事が大切になってきます。

自分でコントロール出来る事のみにフォーカスをすることにより、最初の10日ぐらいをがんばれば後は飛行機が離陸していくように習慣になっていくとおもいますので、皆さんも是非、外的要因を排除したかたちでタスクを組んでみてください。

終わり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存