• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

英語の勉強するんだったらバラエティ見た方が絶対に役に立つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 62

僕は英語や他の言語を勉強するときは

バラエティー番組

を見た方がいいと思います。

結構ハードルとしては高いですが、これが非常に役に立つんですよね。

理由を書いてみようと思います。

 

その国で実際に使われているたわいもない話のボキャブラリーが身に付く

TOEICや英検の単語集何かを勉強するのも英語の学習をするのには当然ながら必要なのですが、日常会話では出てこないような単語もたくさんでてきます。

例えば僕らだって日常生活の中で友達と話をするときに

政治の話

とか

経済の話

とかあんまりしませんよね。

PAK85_enjinahirucyan-thumb-815xauto-16026

それよりも汚い言葉が混じった卑猥な下ネタの話が出来た方が友達ができますよね笑

英語に関してもそういった、

距離を縮める会話

を出来るようになるためには、バラエティー番組を見る事がうってつけなんですよね。

 

その国の人をどうやって笑わせているのかを学ぶ

あとは、その国の人をどうやって笑わせているかということを学ぶためにもバラエティー番組は最適です。

SEP88_nomadocyu15221303-thumb-autox600-18363

その語学用のユーモアを学ぶ事ができれば、友達を作る事が簡単になり、そうすれば更に学習をすることが楽しくなり、アナタの語学学習のスピードがよりいっそうアップすると思います。

その国特有のユーモア的なものは教科書で学ぶ事はできません。

どんどんバラエティー番組を見ていきましょう。

 

リスニング教材としてのレベルが高い

僕がバラエティー番組を進める理由の3つ目は

リスニング教材としてのレベルが純粋に高い

からです。

本場でやっているバラエティー番組は現地の人向けに作られているので、

ボキャブラリー

話すスピード

などのレベルはネイティブではない人からしてみるとかなり高いです。

YOU85_musicjyosi20131019172953-thumb-815xauto-17696

正直現地で放送されているバラエティー番組が理解出来るようになれば、TOEICのリスニングのセクションなんてめちゃくちゃ簡単でしょう。恐らく余裕で満点がとれると思います。

 

最後に

以上が僕がバラエティー番組をリスニング教材として進める理由でした。

今はyoutubeなんかでどんどん外国の番組を見る事が出来る時代です。

海外に行かなくてもネイティブ並に英語を学ぶ事は可能なので、是非いい感じのバラエティー番組を探してみて勉強してみてください。

ちなみに僕のマイブームはJimmy Kimmel Liveです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存