アナタは仕事が好きですか?作業が好きですか?

転職を含め20代で2社の会社を経験する事になりました。

いずれもハードワーキングな会社で、一つは社員数50名以下のベンチャー企業。もう一つは4,000名以上の大手です。

それなりにいろいろな人を見てきたと思いますが、職場には2タイプの人がいるなと最近思いました。

是非自分の職場にどちらのタイプの人が多いかを意識して見てみると面白いと思いますので、紹介してみます。

 

アナタは仕事が好きですか?作業が好きですか?

1、作業が好きな人

まず 2つのタイプに分かれるといいましたが、1つ目のタイプは

「作業が好きな人」

です。

単純に作業をやることが好きな人達です。

例えば、職場にも1人ぐらいエクセルで表をつくるのが好き!

みたいな人がいるんですが、そういう作業を黙々とやっているのが好きな人ですね。

YOTA93_ippon15134025-thumb-815xauto-14182

会社の中に確実に存在はしていますが、価値はそんなに生まない仕事です。

 

2、二つ目のタイプは、「仕事が好きな人」です。

コチラのタイプの人は、例えば

仕組みをつくったり

するのが非常に好きな人達です。

どちらかというと、結果を追い求めて何かをする

といったタイプの人達ではないでしょうか。

 

PAK85_Projectannai20141123172459-thumb-815xauto-14705

○○という結果の為に、○○をする

そして、結果が出る事に喜びを感じたり、自分の技能が向上する事に喜びを感じるタイプです。

 

ベンチャー企業に多い①のタイプ

ベンチャー企業って、「仕事好き」な人も多いんですが、「作業が好き」な人も多いんですよね。

それ自体を否定する気はないのですが、こういう人ってなかなかイノベーションを起こしづらいなーと感じることがたくさんありました。

例えば、僕は作業があまり好きではなかったので、

どうやったらこの作業がもっと早く終わるだろう

とか

どうやったらこの作業なくなるだろう

とか

そもそもこの作業いらなくね?

とか

作業マジでやだ

とかずっと考えているタイプで、そこから新しい仕組みなんかが生まれたり、それを早く終わらせるための段取りやスキルが向上する思うのですが、作業好きな人ってそれをする事が苦じゃないので、上記のような発想になりにくいんですよね。

作業をしている時間が一番楽しい

と感じるような人達なので、特に生産性とか考える事もなく、黙々とこなしちゃう。結構真面目な人に多かったような気がします。

 

同じ頑張り方なら、②を目指した方がいいよ!

で、何を思ったかというと、もし組織の中で出世をしたいなあと考えているんだったら、同じ頑張り方をするにしても①よりも②の人を目指した方がいいということです。

SEP88_nikori15195840-thumb-815xauto-17198

①の人は特に現状に疑問を持たないので、結局作業人の域からでないんですよね。

 

与えられた仕事をする事に喜びを感じるみたいなタイプの人は、ベンチャー企業とか行くと、単純に時給に見合わないだけの仕事をするだけだと思うので、行かない方がいいですよー笑

 

終わり