関西に住むようになって感じた、東京のデメリット

実は大阪に住むようになりました。

関西に住むようになって感じましたが、東京は明らかに都市として機能的に限界を感じてきているなとおもいました。

東京と比較をして感じた、東京がやばいところを書いてみたいと思います。

関西に住むようになって感じた、東京のデメリット

①家賃高すぎ

今僕が住んでいるところは、大阪駅から1駅ぐらいのおしゃれな飲食店が立ち並ぶゾーンです。東京でいくと恵比寿ぐらいでしょうか。

大阪駅まで歩いても徒歩で15分ぐらいしかかかりませんし、利用できる路線も3つほどあります。

神戸や京都、奈良にも40分ぐらいまで行けてしまう立地環境。更に最寄りの駅から徒歩3分から5分ぐらいで行くことが可能です。

部屋の間取りは1Kでリビングは8畳ぐらい、しかも南向きです。更に独立洗面台も完備しています。入り口はオートロック。築5年の程度のマンションで非常にきれいな物件です。

我ながら書いていても結構いい物件だと思います。東京だと立地条件だけで借りるのに10万円ぐらい掛かりそうな感じです。。。。。さあ、大阪だといくらでかりられるでしょうか。

なんと、全部コミコミで、7万円台で借りられてしまいます。僕が社会人1年目で借りていた上野駅徒歩15分ぐらいのクソボロ6畳アパートが7万円台だったので、それを考えると、ほんとすごいことですよ。

東京にしか住んだことない皆さん、土地を変えるだけでめっちゃいい感じの部屋住めますよ〜、東京は一般人に取っては住居のコスパはめっちゃ悪いです。

②人多すぎ

東京から大阪に引っ越してまず感じた変化が、

人が少ない

ことでした。まあ、そうですよね。東京都の首都圏人口は世界一。僕もいろんな国に旅行に行きましたが、東京ほど混んでいるところってあんまりありません。もはやキャパシティーは完全にオーバーしています。

一方大阪も日本第二の都市ですが、朝の電車も全然混まないし、ちょっと遊びに行ったときにカフェに行っても座席あるし。。。

東京だとどこへ行っても人ばかり。飲食店に行ってもなかなか座席に座れない思いをした人も多かったのではないでしょうか。少なくとも僕は関西に来てからは座席を探すのに苦労することがなくなりました。

③ビル多すぎ

大阪に来てもう一つ思ったことが、

空が広い!

ということです。

僕は大阪駅から一駅のところに住んでいるのですが、住宅がメインで全然ビルがありません。

確かに高いビルはありますが、それは大阪駅などの周辺だけで、そこか何駅か離れると、とたんに大きな建物が少なくなります。なので、全体の圧迫感のようなものがないんですよね。

東京だと建物の数がとぎれないですよね。東京駅から横浜駅とか行くと、その間ずっと建物だらけです。

大阪から京都に行くとよくわかるのですが、新大阪を超えるととたんに緑が多くなってきます。僕が京都に行く理由も、どっかリラックスしたいからなんでしょうね。40分ぐらい電車で走れば余裕で大自然です。

東京にいるメリットが少なくなってきた。

僕が台湾にいたときも思ったのですが、だんだん

東京にいるメリット

が減ってきたんですよね。

一昔前であれば、東京にすべての情報が集まってきて、それらの情報にアクセスするためには東京にいる必要がありましたが、今はすべてインターネットで揃ってしまいますし。。

勉強面でも情報面でも仕事面でも東京にいることの意味は僕はあんまり感じなくなってしまいました。飛行場も関西空港のほうがアクセスがいいですし、いま東京に住むメリットは僕はあんまりないかなと。。

まあ、せっかく関西に来たので、この土地のことをもっと詳しくなってみようと思います。

おわり