• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

生活の中に100%自分の権限でできるアウトプットを持つ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

会社員として働いていると、

100%自分の権限でできる事

って限られてくると思います。

たとえば何か新しい企画を考えた時でも上司に相談する必要がありますし、何かをする場合でもいろんな事を報告する必要があります。

僕もブログを始めるまでは、仕事以外でアウトプットをする事は稀でした。

ブログを始めてから、アウトプット機会を持つようになったのですが、

100%自分の権限でできるアウトプット機会を持ったほうがいいよ

ということを強く思います。

理由を書いてみようと思います。

 

生活の中に100%自分の権限でできるアウトプットを持つ

いろんな事に対する感度が上がる

やっぱり人間が一番能力が上がる瞬間って

全てが自己責任

になっている場合だと思います。

それでいて初めて自分の下した決断を振り返るのだと思います。

会社員の場合だとどうしても最終的な責任が上司に行ってしまう事が多くなるので、判断に関する振り返りをしなくなりがちです。

これは会社員が悪いというのではなくて、そういうシステムだから仕方のない事だと思いますが、やはり自分の能力を上げるのであれば100%自分の権限でできるアウトプットを持つのが一番だと思います。

 

「方針を決める」という事に対して強くなる

会社員として最も難しい仕事は

自由にやっていいよ!

と言われた時だと思います。

どんな優秀な会社員の人でも

全体の方針を決める

という事をやっている人っていないんじゃないでしょうか。

おそらく会社の全体の方針を決めているのは社長と一部の役員だと思いますし、若手がその話し合いに参加をしたとしても最後の責任は社長がとります。

 

100%自分の権限でできるアウトプット機会を持つという事は、方針を自分で決めることが出来るんですよね!

 

例えばブログで行くと

  • どんな記事を書く
  • どのくらいの文字数の記事を書くか
  • いつ公開するか
  • どんな写真を使うか
  • どんな方法でマネタイズするか
  • etc

といった形で方針みたいなものを決める必要があります。

この辺りの判断力は会社員でいるよりも高まります!

 

能動的に動く能力が高まる

能動的に動く能力が高まります。

やはりサラリーマンをしているとこのあたりの能力がだんだん弱くなってくるんですよね。

だって適当にやっていようが受動的にやっていようがお金もらえますし、会社は勝手に進んでいきます。

ですので受動的になろうと思えばどこまででも受動的になれます。

そうすると能動的に動く能力ってどんどん廃れていってしまうんですよね。

社会人としても、一人の人間としても人生を楽しむ上で重要な「能動的に動く能力」を高める意味でも

100%自分の権限でできるアウトプット機会

というのは絶対に持った方がいいです。

 

最後に

100%自分の権限でできるアウトプット機会

を持つことで確実に人間は成長すると思います。

なのでみんなブログはじめましょ!

終わり

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存