• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

【沖縄・離島】座間味島までのアクセスに関してまとめました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

座間味島までのアクセスに関してまとめてみました。

離島と聞くと、アクセスが悪かったり、たどり着くまでにかなりの工程をかける必要があると思ってしまいがちですが、座間味島を含む慶良間諸島へのアクセスはフェリーや高速船が出ていて非常に簡単です。

また所用時間もフェリーで2時間、高速船で1時間半ぐらいとかなり短い時間で到着することができますので、気軽に行くことのできる離島です。

ではアクセスを簡単にご紹介します。

【沖縄・離島】座間味島までのアクセスに関してまとめました。

空港に到着したら、まずはフェリー乗り場へ

沖縄について座間味島に行くには、まずフェリーを利用しましょう。

出港場所は泊港です。

タクシーで行ってもいいですし、近くまでゆいレールで出て、そこから歩いてもいいです。

所用時間はタクシーだと20分、最寄りの駅から歩く場合でも30分あれば余裕で着きます。

また、沖縄には那覇港という港もありますが、そちらではありません。泊港ですのでお間違いのないように!

愛称は「とまりん」です。

160227-0001

 

到着したら、チケットを購入しましょう。

到着したらチケットを購入しましょう。

チケットはカウンターで購入をすることができます。

僕が行った時はオフシーズンだったので、特に予約はいりませんでしたが、夏のシーズンだとかなりの人が押し寄せ、予約がないとフェリーに乗れないなんてこともしばしばです。

心配であれば、予約をしておきましょう。

下記のリンクの一番下に、フェリーざまみ、クイーンざまみの予約の電話番号があります。

フェリー・高速船料金表

その他ウェブ予約や、値段などものっていますので、チェックしてみてください。

実際のカウンターはこんな感じです。これは渡嘉敷島に向かうフェリーのカウンターです。

これの右側がフェリーざまみ、クイーンざまみのカウンターになります。

P_20160217_132811

 

こんな感じのチケットをくれます。

P_20160217_135742

 

また、フェリーターミナルまでが多少距離があるので、ちゃんとした地図もくれました。非常に親切ですね。

P_20160217_135756

 

クイーンざまみに乗るまで

高速船クイーンざまみの乗船場所は泊港の北側になり、フェリーのターミナルから少し歩く必要があります。

図の左側の黄色くなっているところが、乗船場所です。

160227-0004

 

実際にはチケットを買った時に地図もくれますし、フェリーのターミナルからでると、下のように立て看板が立っているので、迷うことはありません。

P_20160217_133703

 

こんな感じで橋を左手に見ながら、旅への想像力を膨らませましょう!

P_20160217_133935

出港ギリギリにチケットを買ったのでは間に合わない場合がありますので、余裕をもって泊港に来るようにしましょう。

ちなみに出港の30分前から乗船可能です。

P_20160217_134410

待合室はとってもボロボロ笑。まさに今から離島に向かうんだ!ということを実感させてくれます。窓の向こうにみえるのが、クイーンざまみです。

ちなみに待合室を出るとすぐにファミリーマートがあります。

離島にはATMやコンビニはありません。ここで最終準備をしておきましょう!

クイーンざまみはこんな感じです。

クイーンざまみはこんな感じです。高速船ですので、そこまで大きな船ではありません。

P_20160217_134311

 

出港30分前になったら、フェリーに乗りましょう。

P_20160217_143217

P_20160217_154856

これで乗船完了です。

あとは降りる島を間違えなければ大丈夫です。

ちなみにクイーンざまみは最初阿嘉島に到着して、その後座間味島に到着します。

窓の外は非常に綺麗な海ですが、仕事をしなければいけない!という人も安心してください。

僕はぷららモバイルをつかっていますが、乗船中しっかり電波ははいりましたし、ソフトバンクの電波もはいりました。

90分ほどで座間味島に到着します。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存