一人旅Lifehack

「一人旅Lifehack」におこしいただきましてありがとうございます。一人旅・語学・読書・ライフハックネタをメインに、組織に頼らず個人・少人数で生きて行く方法を探っていきます。夢は海外移住とカントリーホッピング的な生き方です。興味のあることをどんどん書いていきます!

ライフスタイル 考え

学歴フィルタはわるいことなのか

投稿日:2015年6月6日 更新日:

YOTAKA85_shijisuru15121715-thumb-815xauto-16110最近話題の学歴フィルタに関して書いてみました。

人材の会社で働いているので、学歴フィルタみたいなところはよく耳にします。

学歴フィルタはわるいことなのか

1、学歴フィルタはなぜ存在するのか。

まあ、大量に応募きますからね。

今の採用活動というのは、大量の学生の中から優秀で活躍してくれる可能性のある人材を絞り込む必要があるわけですが、効率よく絞り込みを行うには、学歴のフィルタをかけるのが一番早いんですよね。

YOTA93_ippon15134025-thumb-815xauto-14182

個人のモラルの話はどうでも良くて、可能性の話をしています。これはくじ引きと同じなのですが、

例えば1名の優秀な人間を獲得したいとなっているときに、

東大生…過去のデータから100分の10の割合で自分の会社にマッチする優秀な人材がいる可能性がある

普通の大学…過去のデータから100分の1の割合で自分の会社にマッチする優秀な人材がいる可能性がある

で、もし優秀な人物を引きあてたらボーナスとして100万円あげるよーと言われたら、アナタならどちらを選択しますか。

 

2、逆に学歴フィルタを公開してはどうか

逆にフィルタを公開したらどうかなと思うんですよね。

なぜかというと逆算できやすくなるからです。

例えば、高校生のときに自分がどうしても入社したい会社に「東大生だけ入社可能」って書かれていたら、それこそ必死で勉強するじゃないですか?

それで落ちたのであれば、その道を諦めるか、別の道に進むかの判断が素早く着くようになりますし、

それがなければ、学生は最後の最後まで有りもしない希望を持つ事になります。

「別に今まで勉強もしてこなかったけど、最後の面接でラッキーだったら入社出来るんじゃね?」

みたいな。

最初からマスト条件を提示してあげれば、それこそ本気でやりたいことがあるのであれば、必死で勉強するんじゃないですかね?

3、そもそも

学歴フィルタを使用する会社にはそれなりに理由があると思います。

例えば先ほどのくじ引きの話じゃないですけど、過去のデータからそれなりに活躍しそうな人物の経歴みたいなのが分かっているはずなんですね。

どこかの会社で学歴問わず!という条件で新卒採用を行って、入社をしてから学歴を聞いてみたらやはり高学歴に偏っていたという事例もあります。

さらにそういう人達が派閥とか組んでそうですし。

最後に

学歴フィルタがある会社もありますよ。

YOTA86_purezenok15135259-thumb-815xauto-14189

そりゃ企業によって必要な人物なんて変わりますし、フィルタが嫌だったら、フィルタのない企業にいくだけでいいとおもいますけどね。

終わり

 

-ライフスタイル, 考え
-,

執筆者:

関連記事

高ストレスがかかる仕事で稼いだお金は身に付かない

たくさんお金を稼いでもなかなかお金がたまらない人がいる。 こういう人のたとえを僕らはよく聞いてきたと思います。 例えば、 悪銭身に付かず とか 楽して稼いだ金は身に付かない みたいな感じでしょうか。 …

まだ、マウスを使っているの?仕事を早く終わらせたければマウスを捨てろ!

今働いている企業が、結構な長時間労働をしている企業で、皆さんブーブー言っています。 僕はもともとはスーパーハードワークな企業から来たので、特にギャップはないですが、皆さん夜遅くまで頑張っています。(僕 …

下請け外注先企業から見た、「こんな企業は滅べばいい」

4月8日は外注さんとのはじめての打ち合わせでした。 外注の業者さんに仕事を頼むことは、特に珍しいことではないと思います。 いろいろな製作物をお願いしたり、作業を代行してもらったりと、日本の経済はまだま …

続けることを前提にして計画を立てよう

皆さん 今年も1ヶ月が終わろうとしてますが、年始に立てた計画はうまくいっていますか? うまくいっていない人はおそらく今後もうまく行かないと思うので、そろそろやり方を変えた方がベターだと思います。 &n …

長時間労働はいろいろなところで損しているとおもった。

物件を借りるときにちょっと色々考えたので、書いてみようと思います。 前職は結構働いていたのですが、やはり長時間の労働はいろいろなコストがかかってくるなあと思いました。 ちょっと色々書いてみます。 &n …

follow us in feedly

2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。