僕が台湾に1ヶ月住んで思った事

2014年11月下旬から12年下旬まで台北で暮らしていました。

その当時はブログを書いていませんでしたが、書いときゃ良かったと思う日々です。

台湾で感じた事や、台湾での生活を書いていこうと思います。

 

①住む場所はどうしたの?

基本的に1ヶ月も暮らすのであれば、不動産で賃貸契約のようなものを結ぶのが普通です。

ただ、正直台湾の不動産も1ヶ月限定で貸し出してくれるとこってあんまりないんですね。

敷金や礼金に相当するものもかかってしまいますし、いちいちやり取りをしないといけないですし、正直めちゃ面倒です。

 

なので僕は

AirB&B

を使いました。

このサービスは

Airbnbについて. 2008年8月創業。Airbnb(本社・カリフォルニア州サンフランシスコ)は、世界中の人がユニークな宿泊施設をネットや携帯で掲載・発見・予約できる信頼のコミュニティー・マーケットプレイスです。

(公式ホームページより)

まあ、旅好きな人はご存知の方も多いのではないでしょうか?

 

これのいい点は、

  • 決済が楽
  • やり取りが楽

というところです。

決済に関しては、クレジットカードが切れますので、簡単にお金を払う事ができます。基本はホテルと同じようなシステムなので、長期滞在になっても特に敷金礼金みたいなものがかかりません。初期費用みたいなものがだいぶ押さえられます。

ビジネス目的ではない!という人は100%こちらをオススメします。

また、やり取りは自分でやる事になりますが、AirB&B上にメール機能もついていますし、面倒であればLineのidを交換すればいいだけなので、スゴく楽だと思います。

 

②持ち物はなに?

11月から12月は台湾でもかなり気温が下がります。

ただ、台湾って石垣島と同じぐらいの緯度にありますので、薄手の上着があれば過ごす事が可能です。

僕はデイパックに1ヶ月分の荷物をすべて持っていきました。

持ち物はこんな感じです。

  • ノートパソコン×2台
  • iphone×2台
  • zenfone5
  • 各種充電器具
  • 下着7日分
  • 靴下7日分
  • 半袖Tシャツ7枚
  • シャツ7枚
  • ユニクロのウルトラライトダウン
  • ジャケット1枚
  • ウインドブレーカー
  • パスポート
  • 空気枕
  • ひげ剃り
  • 各種充電器

写真 2014-11-23 21 48 20

 

 

③通信はどうしたの?

いつも海外に行くときはイモトのwifiを契約していくのですが、今回は長期の滞在ということもあり計算してみると非常に高額に!

であればと思い、家電量販店でzenfone5を購入してこれにsimを指してテザリングをして携帯を使う事にしました。

zenfone5は3万円ぐらいでしたが、非常に高性能でしたので、コストパフォーマンスは正直高いです。

 

僕はバニラエアを使用したので、桃園空港に降り立ったのですが、出国ゲートを過ぎるとすぐsimカードを売っているカウンターがあります。

ここでプランを選びました。

やりとりは英語で大丈夫ですし、窓口の人も外国人慣れしているので、パスポートを見せればすぐに購入が出来ます。

1000元だったので、3,000円ぐらいですね。

これで1ヶ月使い放題でした。

youtubeも止まることがなかったですし、台湾の一番大きな湖のリーユエタンに行っても普通につながっていました。

これで、

  • 会社のパソコン
  • 自分のパソコン
  • 会社の携帯
  • 自分の携帯
  • zenfone5

という風に5機種つないでいたので、100ギガぐらい通信料が行っていましたが笑、それでも定額なので安心ですね。

買い方は下記のブログを参考にしてもらえれば大丈夫です!全くビビる事もありません!

【台湾紀行】桃園国際空港で中華電信のプリペイドSIMを購入 購入方法から速度テストまで

http://sp-pedia.com/article/141014-taiwan-taoyuan-airport-sim

 

④どこで仕事をしていたのか。

基本はスタバに行っていました。

台湾はスターバックスが日本に匹敵するぐらいあり、しかも台湾の人にとってはちょっと高価らしく、日本よりも空いています。

店員さんも英語が話せますので、困ったときは英語で行けますし、1ヶ月もいると中国語も分かってきます。

 

⑤治安はどうか

治安は非常にいいです。

台湾は日本ほど残業とか、付き合いの飲み会とかもないらしく、夜はかなりひっそりとしている印象を受けました。

例えば台湾の日本人街である、林森北路を1人で夜1時とかにウロウロしていても危険を感じません。

まあ、変な客引きは居ますが、そのぐらいです。

基本は親日の皆さんなので、怖い思いをした事は1回もありませんでした。

 

⑥物価はどうか。

まあ、現地のモノを食べたりしていれば非常に安いです。

ただ、台湾には日本料理のお店が一杯あるのですが、日本と同じぐらいの物価ですので安いです。

ただ、交通費なんかが日本とは比べものに成らないぐらいやすいので、普通に生活をしていれば、確実に日本よりも安上がりです。

僕の場合は家賃など諸々のコストを合わせて1ヶ月12万円ぐらいだったと思いますが、これでもかなり贅沢していたと思います。

 

⑦旅行はどうか

台湾は九州ぐらいの大きさですので、国内旅行が本当にしやすいです。

一番北の台北から一番南の台南まで新幹線で3時間、バスでも4時間ぐらいなので、簡単にいくことが出来ます。

しかも交通費は安いです。

長距離バスに関しては社長椅子みたいなシートに乗ったとしても3000円ぐらいです。

また、台湾は地理的に他の東南アジアにも近いので、他の国に旅行も行きやすいです!

 

⑧人はどうか

スゴく優しい人達です。親日国なので、治安も悪くないし、みんな親切にしてくれます。

言って見れば田舎のおばあちゃん、おじいちゃん、気のいいお兄さんお姉さん

といった感じの人達がたくさんいます。

それと子どもの人なつっこさが本当にスゴいです!

「だめだよ!誘拐されるよ!」

っていうぐらいなついてきます。人見知りみたいな人がいません。

僕は滞在中に子どもから2回手をつながれて、「遊ぼー」みたいな感じでどこかに連れて行かれそうになりました笑

 

⑨モてるか。

もてます

 

⑩移住先としてどうか

正直な話、インターネットですべてが完結する仕事をしてしまえば、東京に滞在するメリットがあんまり見られません。

  • インターネットは台湾の方が速い
  • 物価は安い
  • 食べ物うまい
  • 人親切

みたいな感じで、生活拠点としてはすべての面で東京を上回っていると思いました。

将来は台湾に家を買って、日本にたまに帰るという生活でもいいかなとおもいました。

 

ちなみにチケットはバニラエアのセールでかったので、往復で15,000円でした笑

国内移動よりも安いですね笑

 

⑪ナイトライフはどうか

ナイトライフに関しては、日本ほどあんまり飲み会とかをしない社会なので、日本の歌舞伎町のような場所を想像していくと、アレ?っとなります。

 

⑫日本が恋しくなったらどうするの??

心配有りません笑、日本のチェーン店はほぼ台湾に有ると思ってくれれば大丈夫です。

台北駅に降り立って、周りを360度見渡してみると、おそらく日系のチェーンのお店が100店舗ぐらいあります笑(マジで!)

 

また、もし寂しくなったら

林森北路

に行ってください。

日本人向けのお店がいっぱい有りますし、駐在員の人とも仲良くなれます。

僕は滞在中に

 

WA-SHU 和酒

http://www.taipeinavi.com/play/487/

 

というお店に一人で行きましたが、マスターもいい人ですし、お客さんとも仲良くなれました!

ですので、日本が恋しくなることもあんまりないと思います。

 

最後に

台湾は1ヶ月住んでいましたが、ほんとに不便もなく、むしろ東京に帰ってきて、生活費が上がってしまう+めちゃ寒いのダブルパンチで台湾に帰りたくなりました笑

台湾は暮らすのにはちょうどいいと思います。

是非みなさんも一度台湾で暮らしてみてください!