• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存

僕があんまり頑張らずに1ヶ月6キロ痩せた方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

旅行をして、やっぱり自分の荷物って多いな!と気付き、普段持ち歩くものを小さくしているうちに、

「そもそも自分自身が余計な脂肪を持ち歩いているのでは?」

と思い、ダイエットをすることにしました。

無駄にガリガリになる必要はないと思いますが、社会人になって、10キロほど太ってしまったので、まあ、せめてお腹の脂肪ぐらいは落とそうと思い、ゆるーく頑張っていましたが、それでもこの1ヶ月半ぐらいで、6キロほど落とすことができました。

僕が実行したダイエット方法は非常に簡単です。ただ、●●をしました!というものを書いてもあんまり汎用性がないので、考え方から書いてみようと思います。

ダイエットをする前に

世の中のすべてのダイエット方法はすべて下記の式に集約されます。

(基礎代謝で消費するカロリー)+(運動で減るカロリー)-(食事で摂取するカロリー)

すごくシンプルですよね。ようは体が消費するカロリーと体が摂取するカロリーを表しています。

上記の式がプラスになれば、体重は何をしても増加していきますし、マイナスになっていれば、自然と落ちていきます。

要は

  • 代謝を上げて消費カロリーを増やす
  • 運動量を上げて消費カロリーを増やす
  • 摂取カロリーを減らす
  • 式の結果がマイナスになる

この方法しかダイエット方法はありません。僕はダイエットを始めるにあたって、まずはこの式を理解しました。

要はいくら運動しようがカロリー摂取量がそれを上回ってしまっては意味ないし、食事制限をしまくっても基礎代謝分使用されているので、必ずどこかで人間は生きようとして食べるので、リバウンドします。

次にやったこと

次にやったことは、

自分がどのポイントで頑張れば一番効率よく痩せられるか

ということを考えました。僕の場合は体脂肪率と体重を掛け合わせて、自分の「脂肪以外の体重」を出しました。

よく体重を落とそうとする人がいるのですが、脂肪よりも筋肉のほうが重いので、同じ体重でも痩せて見えたり、太って見えたりするんですよね。

僕の場合は脂肪以外の体重を出すと、同じぐらいの身長の人よりも重いことがわかりました。僕もそれなりに社会人になってからも筋トレやランニングをしていたので、おそらく筋肉量はそれなりにありそう。

筋肉量があれば、代謝はそれなりにあるはずなので、ポイントはおそらく「食事」という結論を立てました。

最後にやったこと

「自分の食生活が問題あり」

ということがはっきりと理解できたので、次は食事に関して考えてみることにしました。

カロリー計算や、基礎代謝などを計算するなどしてみたのですが、結論「減らせ」とのことだったので、減らすことにしました。

僕のライフスタイルは朝型なので、一番減らしやすいのは夜ご飯でした。また、仕事上寝る前に食べてしまうことも多かったので、それをやめることにしました。

なので、僕のダイエットの目標は「夜ご飯を食べない」というものにしました。

僕自体が結構挫折し易いタイプなので、体重の目標も、運動の目標も一切立てていません。体重計はたまに目安でのりますが、特に気にもしていません。

ダイエットには必ず停滞期があるとのことですが、僕の場合は目標が「夕食を食べない」ということなので、停滞期もクソもありません。食べなければその日の目標は達成です。

空腹が来たときは、野菜ジュースを飲んだり、スープを飲んだりしています。

だから、あまり頑張った感ないんですよね。日々続けていたら自然と痩せましたという感じです。

もちろん友達とかと食事に行くときは普通に食べますが、次の日の食事をちょっと減らすなどして、調整をしています。

それ以外でやっていること

メインは「夕食を食べない」という目標を日々達成していくというものですが、それ以外でも一応一日10分ぐらいかけて筋トレをしています。

そんなにハードなものではありませんが、

  • 腕立て伏せ
  • 背筋
  • スクワット

などに取り組んでいます。いずれも体の中で大きなパートを占める筋肉を鍛えて、代謝をあげようとしています。このあたりも一応調べて効率のいいトレーニング方法を研究しました。

ちなみに腹筋は体の中でも小さな筋肉なので、あんまりお腹の脂肪をとる効果は期待できないそうです。

ランニングは単純に気持ちいいから走っています。脂肪が落ちると体が軽くなって走りやすくなりますからね。

最後に

今回ちょっとダイエットやってみて、一番大切なことは、

理論や式をちゃんと理解して、自分の続けやすい形でつづけていくこと

だと思います。

まあ、肩肘張らずにコツコツ脂肪を減らしていこうと思います。

終わり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存