石の上にも3年!みたいな奴を信じるな

石の上にも3年

って言葉ありますよね。

辛い事でも3年間は我慢してやってみることが大切みたいな意味ですが、僕は基本的にこの考え方が大嫌いです。

このことわざを出されて、やっていることを辞めないように説得されたり、辛い事を続けるように説得をされる機会が多いと思うのですが、このことわざによって、どれだけ多くの人の貴重な時間が奪われていることか。。。

まあ、完全に自分の親父をディするような内容ですが、ちょっと理由を書いてみたいと思います。

石の上にも3年!みたいな奴を信じるな

1、何を成し遂げたいかが定まっていないのに、このことわざを思い出すのは危険だ!

社会人の多くの人が理由もなく

「とりあえず3年は嫌でもこの会社で働こう」

みたいなことを言っています。

でもそもそもこの3年には何の根拠もないと思います。

嫌な事を3年間続けて、身に付く知識も確かに有ると思いますが、正直3年後に自分のなりたい姿になれていますか?ということをシビアに問うべきだと思います。

2、続けていたら何か勝手に報われるって時代は過ぎたと思う

でも続けてさえいれば、何か報われる

と思う皆さんも多いかもしれません。

ただ、辛い思いをして3年ぐらいの期間を投資して身につけたスキルが今は簡単にウェブなんかで代用されてしまう時代です。

日本が成長していた時代であれば、何かのきっかけで認められてスキルがお金に変換する機会があったかもしれません。

ただ、今の世の中はちゃんとどこに時間を投資するのか、ということを考えながら行動しないと我慢したのに一生報われないなんて事があり得てしまう時代です。

3、続けるなら自分の好きな事を!

まあ、どうせ続けるのであれば自分の好きな事を続けるのが一番いいと思います。

好きな事であれば、続ける事が簡単ですし、万が一報われなかったとしても、好きな事だからいいか!とあきらめもつきます。

一番危険だなあと思うのは、

  • 好きでもない事を
  • 目的もなく
  • いやいや
  • 3年つづける

ということだと思います。

最後に

このことわざを使うときにセットにすべき枕詞は、「大好きな事なら石の上にも3年」なんじゃないでしょうか?

がむしゃらに努力とか、石の上にも3年とか言ってくる奴には注意して、好きになれない事はスパッとやめて、自分の好きな事に時間を投資することが僕は大切だと思います。

 

終わり